展示

EXHIBITION 展示相模原


「推し紙フェスタ!」

 

『推し紙フェスタ!』

展示期間:2018年10月5日~11月22日

展示場所:相模原図書館1F

 

印刷物などの作品づくりにおいて外せないのが紙選び。

ですが、作品によってどういう紙を使えばいいのか分からない方や

そもそも紙にどんな種類があるのか知らない方も多いのでは?

 

 

皆さんの制作活動に欠かせない「紙」に注目して

和紙やアートペーパーなど多種多様な紙の資料を展示しました。

 

 

 

関連書籍にも、いろんな材質の紙が使用されているので

実物ならではの質感や色合いなど体験できるチャンスです。

 

また今回は、創作や装丁に欠かせない、

色見本資料を手に取れるコーナーをご用意しました!

 

 

 

 

普段なかなか見比べることのない紙。

課題制作やポートフォリオづくりに ”推せる” 紙探し、いかがでしょうか。

 

2018年10月6日

EXHIBITION 展示杉 並


「天才の素描~女子美のダ・ヴィンチ・コレクション~Giuntiのフレンチ素描集より」

『天才の素描~女子美のダ・ヴィンチ・コレクション~Giuntiのフレンチ素描集より』

展示期間:2018年10月1日~11月30日

展示場所:杉並図書館(2号館・1階ロビー)

 

杉並図書館では、今年新たにレオナルド・ダ・ヴィンチの貴重な素描集が

2点コレクションに加わりました。

全世界で998セットのみ生産された大変貴重な資料です。

 

今回はそのうちのひとつ

『レオナルドダヴィンチおよびレオナルド派素描集-フレンチ コレクション-』から

レオナルドの素描をご紹介します。

 

見応えたっぷりの巨匠の素描を間近でご覧いただけます!

この機会にぜひご堪能ください。

 

 

 

 

2018年10月1日

EXHIBITION 展示相模原


「明治メイクアップヒストリー~その時、女子美は~」

『明治メイクアップヒストリー~その時、女子美は~』

展示期間:2018年9月29日~11月15日

展示場所:相模原図書館1F

 

 

 

 

 

今年は明治元年(1868年)から満150年の年に当たります。

当時、先進であった西洋に追いつくため国内では様々な取り組みがおこなわれ

その中には女子の高等教育や専門学校の設立がありました。

 

 

 

 

「芸術による女性の自立」を掲げ、近代化の最中に創立された私立女子美術学校(現女子美術大学)

この大学も百年以上の歴史を持ち

あまたの素晴らしい卒業生たちを輩出してきました。

 

 

 

 

今回はそんな女子美術大学の開校の変遷と当時の女性たちの姿

また本年度の女子美祭のテーマである「厚化粧」にかけて

明治期と現在の化粧文化を広告の観点から展示しています。

 

 

 

 

普段あまり触れる機会のない女子美の歴史を

明治150年という特別な年にぜひご覧ください。

 

2018年9月29日

EXHIBITION 展示杉 並


【終了】「イヴ・サンローランのファッションイラスト」~相模原図書館巡回展~

「イヴ・サンローランのファッションイラスト」 ~相模原図書館巡回展~

展示期間:2018年9月12日~9月28日

展示場所:2号館1階ロビー

 

トップデザイナーとして40年にわたり

第一線で活躍し続けた”モードの帝王”イヴ・サンローラン。

 

今回の展示では、パリ市立博物館での「イヴ・サンローラン回顧展」にて

限定発売された、オートクチュール・コレクションのデザイン画をご紹介します。

 

繊細なスケッチと多種多様な素材の組み合わせに目を奪われるデザイン画の数々。

普段なかなか目にすることのない製作の過程を、間近で感じていただけます!

 

常に新しいアイデアでファッション界を牽引した

イヴ・サンローランのイマジネーションの軌跡をご覧下さい。

 

※今回より、新しくなった2号館1階ロビーにて展示をしております。

  ぜひ足をお運びください!

 

 

2018年9月13日

EXHIBITION 展示相模原


【終了】「かわいくて不思議な チェコアニメの世界」

『かわいくて不思議な チェコアニメの世界』

展示期間:2018年8月9日~10月4日

展示場所:相模原図書館1F

 

 

かわいくて、どこか懐かしくて、ちょっと怖い?チェコアニメ。

 

 

 

 

チェコアニメは子ども向けの作品が多いため、登場するキャラクターたちは

森の動物やあいくるしい女の子の妖精、屋根裏のガラクタたちなど、

愛らしい子たちばかり。

けれど中には、前衛的で何だか怖いものまで…!

 

 

 

 

ただかわいいだけじゃない、チェコアニメの不思議な魅力を

感じていただきたいという思いから、今回はこのテーマで展示を行いました。

 

 

 

 

日本にいればアニメの最先端技術に触れることが当たり前になった今、

チェコの優しくて、昔を思い出させてくれるアニメに触れてみませんか。

あなたのインスピレーションを刺激する出会いがあるかも…!

2018年8月9日

EXHIBITION 展示相模原


【終了】『鳥獣戯画』 ~杉並図書館巡回展~

『鳥獣戯画』 ~杉並図書館巡回展~

展示期間:2018年8月6日~9月28日

展示場所:相模原図書館1F

 

日本美術史上、最もミステリアスな国宝「鳥獣戯画」。

正式には「鳥獣人物戯画」と呼ばれ、擬人化された動物たちが遊ぶ甲巻を含めた全4巻からなります。

今回の展示資料は、甲巻・乙巻の複製です。

 

 

 

 

当時の世相を擬人化した動物たちで描いた鳥獣戯画絵巻の世界を、ぜひお楽しみください。

 

 

関連資料もあわせてどうぞ!

2018年8月6日

EXHIBITION 展示相模原


【終了】「めんそ~れ 琉球古紅型」

「めんそ~れ 琉球古紅型展」

展示期間:2018年6月11日~2018年8月8日

展示場所:相模原図書館1F

 

沖縄の琉球文化、古紅型―コビンガタ―とはどんな図柄でしょうか?
古紅型の大きな特色は、模様です。

 

画題の中で、多く取り上げられている小鳥と蝶は”精霊の転生”を意味し、
東南アジア一帯に古くからあった観念だそうです。

 

今回は、図柄集、染織関係の図書を中心に展示しています。
いにしえの沖縄の人々の暮らしを想像しながら、ご覧下さい。

 

ご来館をお待ちしています。

 

 

 

 

2018年6月9日

EXHIBITION 展示相模原


【終了】「手仕事JAPAN 民藝展」

   「手仕事JAPAN 民藝展」

 

展示期間:2018年6月4日~2018年8月3日

展示場所:相模原図書館1F

 

 

 

 

手仕事の国、日本。

 

民藝品はあらゆる国に存在していますが、なかでも日本は世界的に見ても独自性と美しさを兼ね備えた民藝品を数多く創り出してきました。

 

生活に根ざした伝統が、わたしたちを豊かな世界に導いてくれます。

 

 

 

 

素朴で滋味深い民藝の世界に触れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

関連本も是非あわせてごらんください。

 

2018年6月4日

EXHIBITION 展示杉 並


【改修工事にともない早期終了】2018年度企画展示第2弾 「レオナルド・ダ・ヴィンチの素描ーブリティッシュ コレクションよりー」

2018年度企画展示第2弾

「レオナルド・ダ・ヴィンチの素描-ブリティッシュ コレクションより-」

展示中です。

 

 

杉並図書館では、今年新たにレオナルド・ダ・ヴィンチの貴重な資料が

2点コレクションに加わりました。

 

今回はそのうちのひとつ

『レオナルドダヴィンチおよびレオナルド派素描集-ブリティッシュ コレクション-』から

レオナルドの素描をご紹介します。

 

「モナリザ」や「最後の晩餐」など、誰もが知る名作の存在の一方で、

人間味溢れる素描や手稿を数多く残したレオナルド。

 

その卓越した素描力と創作の源を間近に感じられる機会となれば幸いです。

ぜひお立ち寄り下さい。

 

展示期間:2018年6月4日~8月3日
展示場所:杉並図書館(2号館・地下1階)

 

  

 

 

 

 

2018年6月4日
Top