展示

EXHIBITION 展示相模原


【終了】賢治童話×ART=∞ ~杉並図書館巡回展~

今回の展示は、2023年2月~3月に杉並図書館で行った特集展示の巡回展です。

 

2023年9月、童話作家・詩人である宮沢賢治は没後90年を迎えます。
その節目を前に、宮沢賢治の童話を題材としたARTの本を集めてみました。

 

 

賢治の文学作品は現代も読み継がれ、読者の心を魅了しています。
多くのクリエイターたちが制作した、童話を原作とした絵本や映像などのART作品の数々。

 

 

その表現方法は、絵画・版画・写真・文字・漫画・プラネタリウムなど多彩です。
また同じ原作でも、原作にない創作部分や描く場面が異なるなど、クリエイターの個性が光ります。

 

まさに表現の幅は∞(無限大)!

 

 

皆さんならどんな方法で表現するでしょうか。
賢治童話を通して、様々なARTの表現方法を覗いてみましょう!

 

 

 

2023年6月26日

EXHIBITION 展示相模原


【終了】染織のすすめ~女子美貴重書コレクション

展示期間:2023/4/4(火)~6/23(金)
展示場所:相模原図書館1F展示コーナー



女子美術大学図書館に所蔵されている
希少かつ学術的・美術的にも価値の高い「貴重書」の中から、
今回は染織に関連した資料をご紹介いたします。

 

 

古谷紅麟や河原崎晃洞が手掛けた図案をはじめ、
芹沢銈介の型染、琉球の織物やインド・東南アジアの染織など
多種多様な資料で鮮やかな染織の美しさに触れることができます。

 

 

展示資料以外にも図書館には多くの染織文化に関する資料が揃っています。
ぜひ関連資料もご利用ください。

 

また、女子美術大学美術館では国内最大級の12,000点にも及ぶ染織品、
「女子美染織コレクション」を所蔵しています。
コレクションは美術館のHPより収蔵品データベースにアクセスいただけるほか、定期的に美術館の展示でも公開されていますので、ぜひあわせてご覧ください。

 

 

この機会に、図書館資料を通して染織の魅力をお伝え出来ましたら幸いです。

 

2023年4月5日

EXHIBITION 展示相模原


【終了】-ここにも、女子美。- 女子美のOG展

展示期間:2023/4/4(火)~7/27(木)
展示場所:相模原図書館1F展示コーナー

 

 

長年愛されるキャラクターのデザインをはじめ、
デザイナーやアーティストとして
女子美OGのお仕事は多岐にわたっています。

 

 

一度は目にしたことがあるキャラクターや広告などの作品の数々。
これも、女子美。ここにも、女子美。

 

 

様々な分野で活躍する女子美OGの作品を通して、あなたの夢や目標に出会えるかもしれません。

2023年4月4日

EXHIBITION 展示杉 並


【終了】「欧米のヴィンテージブック 美しくて かわいい 挿画・絵本の世界」

展示期間:4/4 (火)~ 6/24(土)
展示場所:杉並キャンパス2号館1階ロビー ガラスケース展示コーナー

 

 

花便りも伝わる今日この頃、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

今回は杉並図書館が誇る挿絵本・絵本コレクションから、19~20世紀の欧米で刊行された貴重な本をご紹介します。

 

 

欧米の挿絵・絵本芸術は、19~20世紀の印刷技術の進歩により飛躍的に向上し、多様な表現が可能となりました。

 

 

現代絵本の形式も、同時代に確立したといわれています。

 

 

19世紀から20世紀にかけて、欧米の挿画・絵本文化は大きく花開き、多くの画家や作家が輩出され、後世に残る数多くの名作が生まれました。

 

 

本展では、この時代に刊行されたヴィンテージブックをご紹介します。

 

 

日本で未翻訳の希少書や、著名な画家・美術出版社による本もあります。

 

 

モーリス・ブテ・ド・モンヴェルによる楽譜絵本

 

 

ジェシー・W ・スミスの挿絵本

 

 

パーマー・コックスの『ブラウニー』の本

 

 

アンドレ・フランソワによる『ワニの涙』の原著

 

 

メッゲンドルファーやクバシュタによるしかけ絵本など、

 

 

長い年月を経ても魅力が色褪せない傑作が一堂に会しました。

 

 







 

日頃は公開していないコレクションをまとめてご覧いただける貴重な機会です。

 

ぜひお越しください。

 

2023年4月4日

EXHIBITION 展示杉 並


【終了】2022年展覧会をふりかえる!

展示場所:杉並キャンパス2号館1Fロビー
展示期間:2023年1月10日(火)~2023年3月17日(金)

 

 

2022年は大型の巡回展が多く開催されました。

あなたが心に残った展覧会はいくつありましたか?

 

今回、杉並図書館では「2022年展覧会をふりかえる」と称して
2022年関東近郊開催の展覧会のカタログが大特集!

 

1月から12月まで時系列に沿って並べてみました。

 

 

ポスターやキャプションデザインは、

図書館サポーターの学生さんが担当してくださり
とても素敵な仕上がりになっております。

 

まだまだ海外旅行も厳しく
世界の美術館や展覧会に足を運ぶのも難しいこのご時世。

 

今後もさらに世界の名作が日本にやってきてくれると嬉しいですね。

 

 

 

 

杉並図書館内でも、全国の展覧会カタログをずらりと揃えて皆さまをお待ちしています。

 

開催中の展覧会のカタログは館内閲覧でお楽しみいただくことができ、
開催終了後は借りることが出来ます。

 

ぜひ、カウンター正面の展覧会カタログコーナーもご覧ください。

2023年1月10日

EXHIBITION 展示杉 並


【終了】THE POP-UP BOOKS

展示期間: 9/26(月)~12/23(金)

展示場所:杉並キャンパス2号館1Fロビー ガラスケース展示コーナー

 

 

 

 

皆さんは、子供のころにしかけ絵本を読んだことがありますか?
ページを開いたらどんなことになるだろうか、
ドキドキワクワクしてとても楽しいものです。

 

 

現在、仕掛け絵本は、子供のための絵本だけにとどまらず、

大人も楽しめるものが数多く発行されています。

洗練されたデザイン、複雑で精巧なしかけに驚きの連続です。

絵本作家ではない美術家たちも、

自らの作品をしかけ絵本として発表するなど

しかけ絵本が、芸術分野における表現方法の一つとして、

その魅力が注目を集めています。

 

 

 

杉並図書館は絵本がたくさんありますが、

様々なしかけ絵本も蔵書しています。

今回はその中でも、ちょっと古くてかわいらしい絵本から

現代の芸術的なポップアップ作品まで、

しかけ絵本を選りすぐってご紹介します。

開いてびっくり、ポップアップの世界を、じっくりご覧ください!

 

 

 

 

 

2022年12月10日

EXHIBITION 展示相模原


【終了】一人の母として、画家として-いわさきちひろ 子どもたちへのまなざし-

展示期間: 9/26(月)~11/25(金)

展示場所:相模原図書館1F展示コーナー

 

 

誰もが一度は目にしたことがある、いわさきちひろの花や子どもの絵。

にじみやぼかしを生かした水彩画には、懐かしい記憶を呼び覚ますような独特な雰囲気があります。

 

 

今回相模原図書館では、いわさきちひろの絵と生涯に注目した展示をします。

 

 

青春時代に戦争を経験したちひろは、「世界中のこども みんなに 平和としあわせを」ということばを残しました。

私たちは今、ちひろの絵を見て、どんなことを感じるでしょうか? 

 

 

平和を願い、子どもと美しいものが好きだったちひろの絵を、ぜひご覧ください。

2022年9月26日

EXHIBITION 展示相模原


【終了】-「考える」を楽しもう-「知る」から始める現代アート

展示期間: 8/1(月)~11/25(金)

展示場所:相模原図書館1階展示コーナー

 

 

 

これまで「現代アート」作品に触れたことはありますか?

「現代アートはわからない」
そう思う方も少なくないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

でも、その「わからない」こそ現代アートを楽しむチャンス!

現代アートの父と言われるマルセル・デュシャンは
「作品を起点として鑑賞者が思考をめぐらし、そして鑑賞者の中で完成される」と言葉を残しています。

 

 

 

 

 

今回はそんな「現代アート」に注目して、様々な現代アート作品や、
おすすめの美術館やイベントをご紹介します!

 

 

 

 

この展示をきっかけに、ぜひ「現代アート」に親しんでください。

2022年8月1日

EXHIBITION 展示杉 並


【終了】美しき博物画の世界

展示期間: 6/27(月)~9/22(木)

展示場所:杉並キャンパス2号館1階ロビー ガラスケース展示コーナー

 

 

 

今年は早々と梅雨も明けて、

緑が眩しい時期ですね。

 

今回杉並図書館では、

 

ヨーロッパ16-18世紀の、博物画をじっくりと見ることのできる本をご紹介します。

 

博物画(natural history illustration)もしくは図鑑絵とは、

 

動物・植物または鉱物などの観察対象の姿を

 

詳細に記録するために描かれる絵のこと。

 

 

 

 

 

16世紀以降の大航海時代、経済的に有用な植物を確保するため、

 

プラントハンターと呼ばれる植物採集者たちが世界中に散り、

 

世界各地で新種の動物・植物・鉱物が発見され、

 

それを分類する手段としての「博物学」

 

および記録するための博物画が大きく発展しました。

 

 

 

冒険の夢とロマンが詰まった博物画の世界をお楽しみください。

 

2022年6月27日

EXHIBITION 展示相模原


【終了】ガラスのたまてばこ-ガラスと向き合う、夏-

展示期間: 6/27(月)~9/22(木)

展示場所:相模原図書館1階展示コーナー

 

 

夏の暑さを感じはじめるこの頃、いかがお過ごしですか?

 

 

図書館では「涼を感じるガラス工芸」に注目した展示を開催します。

 

 

ガラスが本来持つ透明感に、芸術家の手が加わることでさらに美しい工芸品となる作品を、東西南北から集めてご紹介いたします。

 

 

一休みがてら、ぜひ今年の夏は図書館で「涼」を味わってください🎐

 

 

2022年6月27日
Top