展示

EXHIBITION 展示杉 並


【開催中】画家と装丁

展示期間: 2021年10月4日(月)~12月24日(金)

展示場所:杉並キャンパス2号館1階ロビー

 

 

 

 

 

本は文明の旗だ、その旗は当然美しくあらねばならない。(恩地孝四郎)

 

 

江戸期までの和装本に代わって、

いま、私たちが当たり前に目にしている洋装本は、

明治期の開国の波に乗って流入しました。

 

カナダ人パターソンによって

製本術がはじめて教授されたのは明治6年。

以後、いわば日本式洋装本として

技術的・精神的に進化を続けてきたことでしょう。

表紙は門構え、見返しは玄関までの通り路、

扉はそのまま玄関の意匠……と、

本の各部名称を「家」に喩えたのは恩地孝四郎でした。

読者はこの建造物の中へ、

あたかも挨拶を述べながら、厳かに入っていく。

そしてこの建造物は、長く画家の手によって設計されたものでした。 

 

 

 

 

橋口五葉は夏目漱石の本を、小村雪岱は泉鏡花の本を、

意匠を凝らして手掛けましたが、彼らは挿絵画家でありました。

恩地孝四郎や竹久夢二もまた、画家として名を馳せながら

装丁の仕事で多くの功績を残します。

戦後、グラフィックデザイナーが装丁の仕事に現れますが、

生業としての装丁家の登場は、

一九七〇年代以降まで待たねばなりません。

それまでの長きを、あるいは現代においても、

この国では画家・美術家が、

「美しく」本を装ってきたという一面を持ちます。

「本は文明の旗だ」。

その意匠と精神のはためきの一端を、是非ともご覧ください。

 

 

 

 

2021年10月4日

EXHIBITION 展示杉 並


【開催中】女子美生ニススメル17ノ絵本

 

 

展示期間: 2021年10月4日(月)~10月29日(金)

展示場所:杉並図書館ギャラリー

 

 

 

 

みなさんはふだん絵本を読みますか?

子どもの頃はたくさん読んだけれど、

最近はあまり手に取らないという方も多いのではないでしょうか。

子どもが読むことを想定して作られる絵本は、

ページ数、文章量、伝わりやすい配色に、丈夫な装丁など、

たくさんの工夫や配慮が必要不可欠です。

そのため色々と制約が多い絵本ですが、

不思議なことに、とても幅広い表現の世界をもっています。

ここに展示した作品だけでも、

クスッと笑ってしまう楽しいお話から、

深く考えさせられる哲学書のような絵本まで様々です。

はっとさせられたり、感動したりと、大人になった今読み返しても、

たくさんの気づきがあることに驚かされます。

 

 

 

 

今回はそんな絵本のなかから、

女子美生にぜひ読んでもらいたい作品17点をピックアップしました。

ふだんから絵本を読むのが好きな方も、

最近はあまり読んでいないという方も、

この機会に絵本の世界にふれてみてください。

そしてもっと読みたくなったら、幸いなことに、

女子美の図書館には絵本がたくさんあります。

ぜひ書庫1にもお立ち寄りください。

素敵な絵本の世界が、きっと、いつでも、あなたを待っています。

 

 

 

 

2021年10月3日

EXHIBITION 展示相模原


【開催中】魔法界からの招待状 ー今日、女子美で魔法にかかるー

展示期間: 2021年9月27日(月)~12月24日(金)

展示場所:相模原図書館1F展示コーナー

 

 

1997年にJ.K.ローリング著『ハリーポッターと賢者の石』が刊行されてから早24年。その人気はやむことなく、今なおハリーポッターシリーズは世界中で愛され続けています。

 

 

この物語は、何世紀も続く民間伝承を起源としているともいわれており、物語の背景にある魔法や魔術についてひもときます。

 

 

図書館から魔法の世界をちょっと覗いてみませんか。

 

 

2021年9月27日

EXHIBITION 展示相模原


【開催中】ゴッホが恋した日本 日本人が憧れたゴッホ Part2

展示期間:2021年 8月3日(火)~11月26日(金)

展示場所:相模原図書館1F展示コーナー

 

 

8/3から展開していた「ゴッホが恋した日本 日本人が憧れたゴッホ」展が、1階の出入口展示へ移動しました。

 

 

それに伴い、ゴッホと日本の繋がりをさらに深く理解できる展示内容を追加いたしました。

 

 

ゴッホと日本人、それぞれがどんな部分に魅入られたのか、その秘密をのぞいてみませんか。

 

 

2021年9月15日

EXHIBITION 展示相模原


【終了】わくわく!はじめての地獄。final ―百鬼夜行、再集結ー

展示期間: 6/28(月)~9/24(金)

展示場所:相模原図書館1F各展示コーナー

 

 

現在開催中の「はじめての地獄」が、9/10より今度は1階の展示コーナーに再集結!

 

 

 

各展示コーナーにて地獄や様々な妖怪たちがお出迎えします!

 

地獄を巡ったあとには、極楽浄土があるかも……?

 

1F展示ケース内の『鬼灯の冷徹』コーナーは継続して展示中!夏休み中、見逃した方も、ぜひ図書館にお立ち寄りください!

2021年9月10日

EXHIBITION 展示相模原


【開催中】ゴッホが恋した日本 日本人が憧れたゴッホ

展示期間: 8/3(火)~11/26(金)

展示場所:相模原図書館2F特設展示コーナー

 

日本人に人気の画家のひとり、フィンセント・ファン・ゴッホ。

その生涯は決して恵まれたものではありませんでしたが、数々の作品を残し、死後多くの人々に感銘をもたらし愛されています。
そんなゴッホが日本の浮世絵を好んでいたことはご存じでしょうか?

 

 

ゴッホと浮世絵の出会いはゴッホがパリで過ごしていた1886年ごろと言われています。

この頃、美術界ではジャポニスムの動きが盛んで、日本を紹介する雑誌も刊行されていました。
ゴッホはその中の1冊『パリ・イリュストレ』の日本特集号(1886年5月発行)の表紙に描かれていた「花魁」を模写し、さらに『タンギー親爺の肖像』の背景の一部にも描きました。

 

 

さらに日本からもゴッホへの憧れを持った芸術家が多数いました。美術界だけでなく、文学界からも雑誌『白樺』に取り上げられ、その生き方に感銘を受けた白樺派から多くの支持を得ました。

 

 

今回の展示はゴッホと日本の芸術家たちがそれぞれ抱いていた「憧れ」をご紹介していきます。ゴッホと日本の意外な繋がりを、ぜひご覧ください。

 

2021年8月3日

EXHIBITION 展示相模原


【終了】わくわく!はじめての地獄。Part2 ―レッツ!地獄めぐり!ー

展示期間: 6/28(月)~9/24(金)

展示場所:※7/23~相模原図書館1F展示コーナー、3F・4Fにも進出!

 

6/28から開催していた「はじめての地獄」展示は御覧になりましたか?
7/23よりさらに展示がパワーアップします!

 

 

1Fの展示ケース内は『鬼灯の冷徹』のスペシャル展示となり、Part.1でご紹介できなかったさらにわくわくするような資料を公開します!

 

 

そして3Fと4Fにも地獄が出現します!こちらで展示されている資料は貸出OK!一緒にオバケも連れて帰れちゃうかも!?👻📚

一度見た人もまだ見てない人も、ぜひこの夏は「地獄めぐり」をお楽しみください🌻

 

 

2021年7月23日

EXHIBITION 展示杉 並


【終了】猫を愛した芸術家たち

展示期間:2021/6/28(月)~9/24(金)

展示場所:杉並キャンパス2号館1階ロビー

 

 

 

芸術家たちの傍らには猫がいます。

ときに孤独の中で創作する彼らに癒しを与え、

自由でなににも縛られず生きる姿に、

憧れと創作意欲を掻き立てられたことでしょう。

 

毅然としているかと思えば甘えてきたり、

動き回っているかと思えば眠っている、

そんな掴みどころのない魅力ある存在です。

 

 

 

 

女子美術大学杉並校舎にいる[しいたけ]ちゃんでもおなじみの猫は、

何世紀も前から、私たち人間とともに生きてきました。

その様子は様々な芸術作品の中にも描かれています。

 

 

 

今回は画家と猫の日常のひとコマと

猫愛にあふれた作品を、じっくり見ることができる

画集と書籍を紹介しています。

 

尽きることのない猫の魅力を

この展示で感じてみてください。

2021年6月28日

EXHIBITION 展示相模原


【終了】わくわく はじめての地獄-ゆかいな妖怪大集合-

展示期間: 6/28(月)~9/24(金)

展示場所:相模原図書館1F展示コーナー

 

『鬼灯の冷徹』を読んだことはありますか?

本学のOGである、江口夏実さんが手掛けた作品で、昨年約9年間に渡る長い連載に幕を下ろした、大人気コミックスです!

 

 

今回は『鬼灯の冷徹』の舞台に注目し、地獄めぐりツアーにご招待!

たくさんの妖怪たちも一緒についてきてくれますよ!

 

 

気が付けばあなたの隣で地獄の住民たちが見ているかも……?

ぜひ図書館へお越しください👻

 

2021年6月28日

EXHIBITION 展示杉 並


Welcome to the Library 女子美生の本棚 ~先生と卒業生の活躍~

展示期間:2021年4月5日(月)~6月25日(金)

展示場所:杉並キャンパス2号館1Fロビー / 館内カウンター横

ご進学、ご進級おめでとうございます。

杉並図書館では新学期に合わせ、世界で活躍する女子美術大学の先生や、
卒業生(OG)の方たちの本を集めた
『Welcome to the Library 女子美生の本棚 ~先生と卒業生の活躍~』の展示を実施します。

 

 

杉並図書館では、様々な分野で個性豊かに活躍する女子美OGの書籍を所蔵しています。
今回はその中から、図書館員が選んだオススメ図書を紹介しています。

図書館の受付カウンター横では、映像作品を中心にピックアップしています。

是非この機会に、2号館1階ロビーの企画展示コーナーと図書館カウンター横の展示コーナーにお立ち寄りくださいませ♪

2021年4月5日
Top