新着情報

NEW BOOKS 新着情報杉 並


12/5 新着図書

【女子美OGの本】

 

『やさいのがっこう キャベツくんおはなになる?』

親子で一緒に楽しめて、食育にもお役立ちの絵本!「やさいのがっこう」シリーズ第4作はキャベツくんが主人公です。作者は女子美造形学科OG、なかやみわさん。

 

【図書館員の注目本】

 

『バスキア・ハンドブック』

森アーツセンターギャラリーの個展に伴い刊行されたバスキア本。日比野克彦氏による解説や盛りだくさんの作品写真など、ファン必見です。

 

『ひと目でわかるレイアウトの基本。』

この本を読めば、レイアウトが組めるようになる!どんな形態のデザインにも応用できる!デザイナー希望の方はぜひ目を通してみてください。

 

『狂瀾怒濤 あるいは、ブラックドール騒動』

独特のモノクロ線画が見る者を惹きつける、エドワード・ゴーリーの絵本。まるでゲームブックのように読者が物語の進行を選べます。果たして結末は・・。

 

『バウハウスってなあに?』

今年はバウハウス創立100周年!バウハウスにまつわる50個の質問に、架空の建築家が答えていく絵本です。来年東京ステーションギャラリーで行われるバウハウス展の予習にいかが?

 

 

その他全25冊

展示中の新刊図書は、2号館1階ロビーのガラスケース内 / カウンター前ともに貸出可能です。気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

詳細検索で「新着○日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

2019年12月5日

NEW BOOKS 新着情報相模原


11/28 新着図書

 

【図書館員の注目本】

 

『もともと絵は抽象である』

山廣 茂夫 著/風人社

長年に渡り高校の美術教師として、最も感性が鋭敏な年代である10代の生徒たちの作品に触れてきた著者が、「今の時代にふさわしい絵画の基礎についての考え」を教えてくれます。

 

『野外彫刻との対話』

西山 重徳 著/水曜社

野外彫刻とはなんでしょうか。

著書は野外彫刻の本質をその目的や価値、人間との関係について、三つの観点から取り上げ、論じていきます。

 

『特殊印刷・加工事典』

フレア ほか著/SBクリエイティブ

デザイナーのための制作ガイド&アイデア集。

加工方法や紙の種類、協力会社の紹介など、「印刷」というジャンル全体を学ぶことができる一冊です。

 

他全61冊

2019年11月28日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


11/28 新着図書

【図書館員の注目本】

 

天才たちの日課 女性編

 自由な彼女たちの必ずしも自由でない日常』

世界の女性アーティスト143人の日常を紹介。日本からは草間彌生のエピソードが披露されている。自分の創作活動の参考にするも良し、ゴシップ的に楽しむも良し。

 

『かたちは思考する 芸術制作の分析』

映画研究者による芸術論。絵画、映画、演劇、漫画など幅広いジャンルの作品を緻密に分析している。おすすめはピカソの制作プロセス論。

 

『挑発の画家 フェルメールの謎と魅力』

なぜ女性1人だけの絵が多いのでしょう。素朴な疑問を対話形式で解き明かす、読みやすいフェルメール本。制作年代順の作品リストあり。

 

『いちからわかる円山応挙』

写実画で人気を博し、近代日本画の源となった円山応挙。その画力と人間力に迫る。作品を鑑賞できる美術館や寺社ガイドも掲載。

 

『ねことねこ』

間違い探しならぬ「おなじところ探し」が楽しめる絵本。見開きページに描かれた2匹のねこの、同じ形や色を探してみよう。ねこの絵がじっくり堪能できます。

 

 

その他全25冊

 

展示中の新刊図書は、2号館1階ロビーのガラスケース内 / カウンター前ともに貸出可能です。気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

 

詳細検索で「新着○日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

 

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

2019年11月28日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


11/21 新着図書

【図書館員の注目本】

 

『クリエイターのためのやさしい英語and英文パターン1500』

例えば自分の作品をSNSにアップして、海外の企業からオファーがきたら。英語で返信したいけど何て言おう?そんな時に使えるフレーズ満載。

 

『仏像ドリル 魅力や鑑賞のポイントが楽しく学べる!』

ユニークなイラストで学べる仏像本。ドリル形式で1時間目から6時間目までの問題を解いていけば、あなたもきっと仏像マスターになれることでしょう。

 

『魔法雑貨の作り方 魔法使いの秘密のレシピ』

樹脂を使って魔法アイテムをつくろう!「夜色鉱石の標本」や「錬金術師の水薬」など、わくわくするものがたくさん。制作レシピが丁寧な説明で写真も多いので、樹脂初心者さんも挑戦してみては。

 

『しろとくろ』

のらねこが野原をかけまわり、初めての友だちを得るまでのシンプルなお話です。子どものころの気持ちがそのまま言葉になったような絵本。大人になった今こそ読んで感じるものがあります。

 

『あきのセーターをつくりに』

おようふく絵本第2弾。りすのすりちゃんとうさぎのさきちゃんは、したてやさんに向かいます。店主のミコさんに、すりちゃんのセーターをつくってほしいとお願いすると・・・。

 

 

その他全25冊

 

展示中の新刊図書は、2号館1階ロビーのガラスケース内 / カウンター前ともに貸出可能です。気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

 

詳細検索で「新着○日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

2019年11月21日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


11/14 新着図書

【女子美教員の本】

 

『私達ガ自由ニ生キル為ニ : 高松和樹画集』

女子美非常勤講師、高松先生の画集です。デジタルとアクリル絵画を組み合わせた技法が独特の味わいを醸しだしています。精神科医・斎藤環氏のテキストも収録。

 

【女子美OGの本】

 

『わんぱくだんのてんぐのすむやま』

女子美OG、ゆきのゆみこさん作の絵本です。「てんぐやま」に行ったわんぱくだん3人組。不思議な男の子に出会い遊んでいると、なんと空から…!

 

【書評に取り上げられた本】毎日新聞(2019/11/3)

 

『マンガ哲学辞典』

自分って何?女であるってどういうこと?これからどうやって生きていけばいいの?生涯を通し人間を見つめた文筆家・橋本治が、生きづらさの正体を描きます。

 

【図書館員の注目本】

 

『活版印刷コレクション』

名刺やカレンダー、パンフレットに装丁…凹凸感が魅力の活版印刷で作られた紙モノ約300点を掲載。うっとりじっくり見つめたい。ようこそ活版の世界へ。

 

『1冊でわかる美術史のきほん』

これは分かりやすい!東洋と西洋の比較年表が優れものです。見開き2ページだけで、原始時代~21世紀までのすべてが掴めるなんて。ちょっと図工の教科書っぽいのですが、初心に返るということでそれもまた良し。

 

その他全25冊

 

展示中の新刊図書は、2号館1階ロビーのガラスケース内 / カウンター前ともに貸出可能です。気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

 

詳細検索で「新着○日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

2019年11月14日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


11/7 新着図書

【女子美教員の本】

『リーとスーのどこ?どこ?どこ?』

ヒーリング表現領域の特別招聘教授、コンドウアキ先生の絵本が出ました!りすのきょうだい、リーとスー。埋めておいたどんぐりを食べたいけど、あれれ?どこに埋めたんだっけ・・・? 

 

【女子美OGの本】

おめかしの引力』

デザイン科OG、吉田ユニさんによるカバー装幀がかっこいい!単行本と文庫本で写真が微妙に違うんです。芥川賞作家によるお洒落論エッセイ。新しい服が欲しくなります。

 

『そらまめくんのおやすみなさい』

造形学科OG、なかやみわさんの赤ちゃん絵本です。そらまめくんやお友だちの豆たちがすやすや…。おやすみ前の赤ちゃんにやさしく語りかけてくれます。

 

【図書館員の注目本】

『にちにちらんらん』

創作ユニット「tupera tupera」のかわいい絵本。人が生まれて成長し、やがて次の世代に命を託すことが感覚的に伝わってきます。カラフルな色使いがたのしい!

 

『ハンナ・ヘーヒ 透視のイメージ遊戯』

コラージュ好きな人集合~!今から百年前のベルリンでは、こんなにポップでキッチュなコラージュが作られていたんですね。創作のヒントになりそう。

 

 

その他全25冊

 

展示中の新刊図書は、2号館1階ロビーのガラスケース内 / カウンター前ともに貸出可能です。気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

 

詳細検索で「新着○日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

2019年11月7日

NEW BOOKS 新着情報相模原


11/6 新着図書

 

【図書館員の注目本】

 

『名建築と名作椅子の教科書』

アガタ・トロマノフ 著/エクスナレッジ

近代の建築家たち55人の代表的な建築と、その建築家がデザインした椅子を並べて掲載しています。各作品に共通するテーマや手法が併せて分かる画期的な1冊です。

 

『北欧の照明 デザイン&ライトスケープ』

小泉 隆 著/学芸出版社

夏はなかなか太陽が沈まず、冬は寒く暗い時期が長く続く北欧の人々には、光を大切にしながら生活する灯りの文化が根付いています。

本書では、公園や建物など、様々な場所で使用されている北欧の優れた照明デザインを紹介しています。

 

『袖が語れば』

竹原 あき子 著/緑風出版

筆者はある日、機能では説明できないシンプルで優雅な袖にであい、この本が生まれました。日仏同時出版の「着物の袖」という一風変わった視点からの文化史です。 

 

他全50冊

2019年11月6日

NEW BOOKS 新着情報相模原


10/25 新着図書

 

【図書館員の注目本】

 

『3D表現で拡がるグラフィックデザイン』

Sandu Publishing 編著/ビー・エヌ・エヌ新社

世界各地のデザイナーによる、3D表現を用いた作品集。独創的なアイデアや新しい世界の可能性をわたしたちに紹介してくれます。

 

『藍 地域資源を活かす生活工芸双書』

吉原 均 ほか著/農山漁村文化協会

「ジャパンブルー」という言葉のもとといわれている、藍染めの青。

日本列島で培われてきた天然染色の知恵が取り上げられています。

 

『カザフ刺繍』

廣田 千恵子 ほか著/誠文堂新光社

遊牧民族 カザフの手芸には様々な種類があります。そのひとつ「ビズ・ケステ」という、かぎ針刺繍を存分に紹介した1冊です。

 

他全49冊

2019年10月25日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


10/24 新着図書

【女子美教員の本】

『リラックマ大図鑑:リラックマ検定公式ガイドブック』

本学ヒーリング表現領域の特別招聘教授、コンドウアキ先生が生み出したリラックマ。その可愛すぎる魅力がぎっしり詰まった1冊です。※リラックマ検定2019の申込みは終了しました。

 

【書評に取り上げられた本】毎日新聞(2019/10/6)

『恋人たちはせーので光る』

この素敵なタイトルの正体は、詩集です。43の詩が43パターンのグラフィックで編まれています。じっくり物事を考えたい人、鮮烈な言葉に触れたい人におすすめ。作者のツイッターからもすこしだけ読めます。

 

【図書館員の注目本】

 

『もっと知りたい岸田劉生 : 生涯と作品』

わずか38年の人生で、何を考え、何を目指していたのでしょう?気難しい人柄が有名ですが、本書を読むと気難しさとは真摯さと表裏一体なのだと分かります。

 

『暮らしてみたい世界のかわいい街』

おとぎ話に出てきそうな街の写真集です。色や光、形の美しい街並みばかり。おすすめはスペインにある、巨大な岩にはめ込まれた家!こんなところに住めるのか…シュールです。

 

『うんがよくなりますようにおとうとうさぎ!』

絵本「おとうとうさぎ」シリーズ第5弾!今回は森へブルーベリー摘みに。しかし「やくびょうおじさん」が現れてさあ大変。ちょっぴりダークでユーモラスなお話です。

 

 

その他全27冊

 

展示中の新刊図書は、2号館1階ロビーのガラスケース内 / カウンター前ともに貸出可能です。気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

 

詳細検索で「新着○日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

 

2019年10月24日

NEW BOOKS 新着情報相模原


10/8 新着図書

 

【図書館員の注目本】

 

『スタイル別 配色アイデアブック』

色彩活用研究所 監修/パイインターナショナル

「イメージから広がる色の世界」「世界一周配色の旅」「季節を表現する色の世界」「色の基礎知識」を紹介します。

 

『thesaurus [シラーソス]』

林 明美 著/一迅社

林 明美さんのアニメーションワークス。

現在、相模原図書館で開催中の展示「ジャパニメーションのススメ。」と合わせてご覧ください。

 

『長寿と画家』

河原 啓子 著/フィルムアート社

巨匠たちが晩年に描いたものとは?

ゴヤ、ターナー他、15人の人生をたどります。


他全49冊

2019年10月16日
Top