新着情報

NEW BOOKS 新着情報杉 並


2/14 新着図書

 

【図書館員の注目本】

 

 

『もみじのてがみ』

ねずみに届いた、まっ赤な「もみじのてがみ」。ねずみは、りすやひよどりと紅葉を探しにでかけます。山の中で赤い色を見つけますが、きのこや木の実で、なかなか紅葉が見つかりません…。紅葉を美しく描いた絵本。

 

 

『ぼくはなにいろのネコ?』

黄色、赤、青、黒、白の原色が登場し、自分がどんなにきれいで重要か、自慢を始めますが、子ネコのマックスを交えて、この世界の本当の美しさは、すべての色が混じり合ってできていることに気づいていきます。

 

 

『はりねずみくんのあかいマフラー』

寒がりのハリネズミくんは、ばあばから手編みのマフラーをプレゼントされます。家に帰る途中でマフラーがないことに気づいたはりねずみくんは急いで広場に戻りましたが、マフラーがありません。さてどうなる?優しくてあたたかくなれる物語。

 

 

『おじいちゃんがペンギンやったとき』

ぼくのおじいちゃんな、なんかようすがへんやねん。どうしてやろ?大好きなおじいちゃんが、ある日突然不思議なことに気がついた。あれ? こんなことしたっけ? いつもと違うな。どうしたんだろう…?意外なストーリー性のある展開に注目。

 

 

『星のひとみ』

「フィンランドのアンデルセン」とよばれるトペリウスの名作童話。絵本作家・せなけいこの幻の原画と、作家・石井睦美の文章でよみがえります。フィンランドの大自然を舞台にした、神秘的で美しい物語です。

 

 

 

 

その他全28冊
 
展示中の新刊図書は、2号館1階ロビーのガラスケース内 / カウンター前ともに貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。
 
詳細検索で「新着〇日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。
2019年2月14日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


1/24 新着図書

 

【図書館員の注目本】

 

 

 

『カどこいった?』

手の上に蚊が止まった。パーン!逃げられた。蚊、どこいった?厚くてかたい紙のページを、バチン!と勢いよくめくりながら楽しむアクション絵本です。声に出して読むと、より楽しめます。細密でありながらユーモアのあるイラストにも注目。

 

 

『藤城清治影絵の絵本アンデルセン』

アンデルセンの『ひなぎく』『ハンスのもらった鳥かご』『眠りの小人のオーレおじさん』『小さいイーダの花』『小さなもみの木』の5つのお話を藤城清治の格調高い影絵が彩るお話絵本。

 

 

『ぼくのばしょなのに』

刀根里衣が描く、待望の新作絵本。ペンギンのククーは、パパとママのおなかの下が大のお気に入り。ある日のこと、自分だけのものと思っていたとっておきの場所が、生まれてきたたまごに奪われてしまい…。ペンギン親子のほのぼの愛情物語。

 

 

『ゆめのとびらをひらくとき』

ルナとママはおやすみなさいの前に、想像の翼を広げていろいろな場所へ出かけてゆきます。繊細な絵と詩的な文章が夢の時間を作ります。寝る前に読みたい物語。 

 

 

『アート オブ ボブ・ピーク』

コカコーラやセブンアップ、ウイスキーのオールド・ヒッコリー、タバコのマルボロなどの身近なものから、ファッションや豪華客船、飛行機の広告と、幅広い分野で活躍したボブ・ピークのアート書。

 

 

 
 
その他全27冊
 
展示中の新刊図書は、2号館1階ロビーのガラスケース内 / カウンター前ともに貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。
 
詳細検索で「新着〇日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。
 

 

2019年1月24日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


1/17 新着図書

【図書館員の注目本】

『おなじ月をみて』

台湾の国民的絵本作家のリャオ.ジミーの最新作。悲しみと喜び、光と闇、戦争と平和、二つの相反する対象の、起こり得る結末とは。人間のあるべき姿について、考えさせられる物語です。

 

 

『ゆうなとスティービー』

牛を飼っている農家の娘ゆうなが、生まれたばかりの子牛を懸命に育てていく。子牛はスティービーと名付けられ…。東北で農業を営んだ作者が自身の体験を活かして命の大切さを伝えています。

 

 

『音叉』

物語は意外な展開に転がっていく…。またもやゴーリーワールド全開の最新作。不幸な少女シオーダは、身を投げた海のなか、大きな化け物と出会い、仲良く深海で暮らします。一体どうなるのか続きが気になるストーリーと独特の画風に注目。

 

 

『ムカッやきもちやいた』

誰でも抱いたことのあるムカッとした気持ち。絵本から、自分の気持ちを振り返ったり、友だちのとの関係へと思いを巡らせていくでしょう。読み応えあるストーリー展開が魅力的な一冊。人とのかかわりを考える絵本。

 

 

『鹿踊りのはじまり』

圧倒的で伸びやかな画風が注目を集めているミロコマチコの描く、宮沢賢治の代表作「鹿踊りのはじまり」。岩手・花巻周辺に今も伝わる郷土芸能「鹿踊り」その本当の精神を風から聞いたとして語られる民話風傑作童話。

 

 

 

 

 

その他全32冊
 
展示中の新刊図書は、2号館1階ロビーのガラスケース内 / カウンター前ともに貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。
 
詳細検索で「新着〇日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。
 
2019年1月17日

NEW BOOKS 新着情報相模原


1/11 新着図書

 

【図書館員の注目本】

『元号大全』
最初の元号「大化」から現在の元号「平成」まで日本の元号を完全解説。
元号なくして歴史は語れない、31年ぶりの改元実施の前にどうぞご覧ください。

 

 

『ヴィクトリアンファッション素材集』
エレガントな965点のイラスト・コレクション。
1855年から20世紀初頭にかけてのレディース・ファッションの変遷が一望できます。

 

 

『ジャパン モチーフ グラフィックス』
富士山・桜・伝統文様・だるま・こけしetc・・・
日本特有の文化とされる、これらの代表的な「和のモチーフ」を使って魅力的に

デザインされた作品を幅広く紹介します。

 

 

『マルセル・デュシャンとは何か』
マルセル・デュシャンっていったい何なんだ。
デュシャン研究で吉田秀和賞を受賞した平芳幸浩氏によるデュシャン入門。
謎に満ちた彼の人生と作品、そして作品以外のもろもろまで、手に取るように

わかります。

 

 

『てのひらのえんぎもの』
日本各地の郷土玩具、縁起物、お守りなどを絵と文でご紹介。
こけしにも系統があるってご存知でしたか?郷土玩具の魅力を新鮮に感じられる

一冊です。

 

 

他全36冊

2019年1月11日

NEW BOOKS 新着情報相模原


12/22 新着図書

 

【図書館員の注目本】

 

『爪飾手帖』
豪華絢爛、技の極みが集結。ジェルとハンドペイントの世界を楽しめるネイルアート本。ネイルアートテクニックを使った作品と季節のアート作品をオールカラーの美しい

写真で紹介します。

 

 

『女性のための「起業の教科書」』
「好きなこと」「得意なこと」をビジネスにしたいと思ったことはありませんか?
そんな女性たちにエールを送る、実現への手助けになるかもしれない1冊です。

 

 

『鉄川与助の大工仕事』
長崎の教会堂に刻まれた知恵と工夫。
大工道具を通じて、与助の時代の社会や歴史が見えてきます。

 

 

『絨毯で辿るシルクロード』
隊商(キャラバン)とともに、シルクロードを辿って日本へ。
絨毯とともに運ばれたペルシャ文化。日本文化に影響を及ぼした道筋を辿ります。

 

 

『密教像のすべて』
「薬師寺の聖観音立像」と「観世音寺の聖観音坐像」
この聖観音、密教像はどっち?
大日如来を中心とした曼荼羅の仏たちをご紹介します。
正解はぜひお手にとってご確認ください!

 

他全41冊

 

2018年12月22日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


12/20 新着図書

 
【女子美OGの本】
 
『リラックマのなんでもない今日。』
のんびり、ぬくもりあるタッチが大人気! リラックマのキャラクターブック最新作が届きました。1月から12月までいろいろな表情を見せてくれます。リラックマと一緒に1年を楽しく過ごしてみませんか。
 
 
【図書館員の注目本】
 
『フェルメール : 作品と画家のとっておき知識』
フェルメールとは一体どんな人物だったのでしょう? 柔らかい独特の光の線と緻密で繊細な構図を生んだ驚きの技法とは? 様々な角度から天才画家フェルメールの謎に迫っていく一冊です。
 
 
『Made in Japan : 日本の匠』
全国各地で作られている染織品、陶磁器、金工・木工品などから16種を取り上げ、その歴史と制作工程をカラー写真で紹介。今を生きている「伝統」をわかりやすく学べます。
 
 
『Jil Sander : present tense : Book trade ed』
ファッションデザイナーとして名を馳せ、建築・インテリア・写真など多分野で才能を発揮してきたジル・サンダーの展覧会図録であり作品集。常に洗練された造形美を追及する彼女のアーティストとしての姿勢がにじみ出ています。
 
 
『The Andy Warhol catalogue raisonne : paintings 1976-1978  05A/05B
アンディ・ウォーホルの1976~1978年までの画業を記録した作品集。短期間にこれだけ多くの作品を残したことに驚かされるボリューム感のある2冊組の洋書です。ファイルボックス風のブックデザインにも注目を。
 
 
その他全27冊
 
展示中の新刊図書は、2号館1階ロビーのガラスケース内 / カウンター前ともに貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。
 
詳細検索で「新着〇日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。
 
 
 
 
 
2018年12月20日

NEW BOOKS 新着情報相模原


12/12 新着図書

【図書館員の注目本】

 

『フランスの美しい配色 キーカラーで選べる配色見本アイデア帖』

フランスの歴史が育んだ、お洒落な配色パターンが満載!
美しい文化や風土が透けて見える被写体を通して、「赤・ピンク」「オレンジ」「茶色」「黄色」「緑」「青」「紫」「白・灰・黒」の8つに分けられたキーカラー51色をご紹介。「色で知るフランス」とも言うべき、珠玉の1冊です。

 

 

『死の美術大全 8000年のメメント・モリ』
タイトルにある「メメント・モリ」とは、「死を想え」を意味する訓戒。
誰しも降りかかる絶対的な死は、美術史を彩る重要なモチーフとして、古今東西で描かれてきました。それら1000点以上の図版や19名の識者による論考を7つのテーマで章立てした、決定版大百科です。

 

 

『ケの美 あたりまえの日常に、宿るもの』
昨年、グラフィックデザインの第一線で活躍する佐藤卓氏が主催された「ケの美」展が、書籍に結実。
「ハレ」の対、日常に属する「ケ」のアイテムとエピソードが、14名の人気クリエイターによって綴られます。巻末には、本書のテーマを読み解く対談も収録されています。

 

 

『堀文子 群れない、慣れない、頼らない』
女子美生の大先輩であり名誉博士でもある堀文子氏の、100歳記念となる永久保存版の別冊。
「群れない、慣れない、頼らない」の美意識を貫き、意欲的に新たな創作へと取り組んでいくたくましい姿は、年輪を重ねた大樹のよう。
交流された大村智名誉理事長のエッセイも読むことができます。

 

 

 

他全38冊。

2018年12月12日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


12/13 新着図書

 
【女子美OGの本】
 
『ノラネコぐんだんおばけのやま』
100万部を突破した工藤ノリコさんの大ヒット絵本シリーズ第7弾の、今回の舞台はお団子屋さん。またまたお店に忍び込み、勝手にお団子を作って美味しくいただこうとするノラネコぐんだん。すると、お団子が竜巻に飛ばされて…!?
 
 
【図書館員の注目本】
 
『ふたごのうさぎ』
オランダ出身のダフネ・ロウターの作品。読者がオリジナルストーリーを考える絵本で、登場人物のやりとりを思い浮かべたりと想像力が喚起されます。鮮やかな色彩と細やかで繊細な描写が魅力的でおもわず惹きこまれてしまいます。
 
 
『かたつむりタクシー』
虫の親子が「かたつむりタクシー」に乗って、おばあさんの家へでかけます。かたつむりタクシーは、急な山を登ったり降りたり、橋の下を逆さまになって進みます。色鉛筆で描かれた絵をじっくり眺める楽しさのある作品です。
 
 
『NewYork City Transit Authority Objects』
アメリカ在住フォトグラファーが2011年から6年以上にわたり収集した、ニューヨークのメトロカードや地図といった交通アイテム・コレクション。N.Y.に特化した珍しい交通系デザインが一望できます。一部よれたり折れた紙片もあえて掲載され、味わいを醸し出しています。
 
 
『HEAVENLY BODIES』
カトリックの聖職者が着用してきた衣装のイメージを、2冊に分けて紹介。一冊は古典的なイメージを絵画やアイテムの実物写真で、もう一冊ではヴェルサーチによる現代のホーリーファッションが提示されています。片や普遍的、片や斬新。どちらも美しさにため息が出ます。
 
 
その他全27冊
 
展示中の新刊図書は、2号館1階ロビーのガラスケース内 / カウンター前ともに貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。
 
詳細検索で「新着〇日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。
 
 
 
 
 
2018年12月11日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


12/6 新着図書

 
【図書館員の注目本】
 
『世界のエリートが学んでいる哲学・宗教の授業』
『修羅場の極意』『ケンカの流儀』などの作品で話題を集めた作家で元外務省主任分析官、佐藤優氏の最新作。「学問とは、実学を身につけること」が持論である同氏の視点から切り込む、読むときっとためになる実学論です。
 
 
『古鏡のひみつ : 見るだけで楽しめる!』
古代人の権力のシンボルとなった鏡。日本人にとって鏡の存在意義は一体何だったのか。本書は古来からの鏡文化を解き明かします。古鏡の観賞ポイントにも触れた、鏡の神秘を探る話題の一冊。
 
 
『おほしさまのちいさなおうち』
お星様は、夜空にいるだけじゃない、そうお母さんに教えてもらった男の子が、お星様の小さなお家を探しに出かけます。いったいそれはどこなのか? 男の子が世界中を旅して廻る風に問いかけてみると…。豊かな自然に恵まれたオーストラリア在住の絵本作家による、かわいらしい絵本。
 
 
『Richard Avedon portraits』
2002年にメトロポリタン美術館で開催された写真界の巨匠、リチャード・アヴェドンの回顧展図録。本体が蛇腹状なので、ページを開くと壁に並ぶ作品を鑑賞するように作品と向き合えます。人物の個性が力強く映し出された作品には、被写体との間に介在したであろう真剣勝負が感じられます。
 
 
『Gorey’s worlds』
『うろんな客』『音叉』等、ちょっとシュールで不思議な世界観の絵本を数多く世に送り出したエドワード・ゴーリーの創作の秘密に迫った洋書です。コレクションしていたアート作品や代表作からの図版を多数収録しているので、画集としても楽しめます。
 
 
 
その他全27冊
展示中の新刊図書は、2号館1階ロビーのガラスケース内 / カウンター前ともに貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。
 
詳細検索で「新着〇日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。
 
http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1
 
 
 
2018年12月6日

NEW BOOKS 新着情報相模原


12/5 新着図書

【図書館員の注目本】

 

『アートと地域づくりの社会学 直島・大島・越後妻有にみる記憶と創造』
近年、「トリエンナーレ」「ビエンナーレ」などの名称で目に留まるようになった「アートプロジェクト」。地域再生の有効打である一方、双方が互いに消費し合ってしまう危険性を持つ、諸刃の剣でもあります。
そんな地域とアートの関わりが生む光と影が、鋭く切り込まれます。

 

 

『ムーミン谷のすべて ムーミントロールとトーベ・ヤンソン』
北欧を代表する児童文学「ムーミン」の世界を第1部で、その世界を作り上げた作者トーベ・ヤンソンの生涯を第2部の、前後編構成で解説。
約半世紀に渡り世界中で愛されるムーミンの魅力を、豊富な原作イラストや写真などを道しるべに巡ります。

 

 

『話題のショップをつくる注目の空間デザイナー・建築家100人の仕事』
人気のコーヒーショップから、話題の「泊まれる本屋」、訪日外国人向けホテルなど、時代の需要に合わせて大きな変化が見られる空間デザインの最先端が、プロファイル形式で約380作品も集いました。
キラリと光る銀と黒の表紙が目印です!

 

 

『原寸大写真図鑑 羽』
約14年ぶりの増補改訂により更に8種が加わり、日本で見られる実に281種もの鳥の羽がすべて、原寸大の写真で収録されました。再撮影や部位追加によって生まれ変わった、圧巻の大ボリュームで綴られた図鑑です。
扇状に並べられた羽の美麗さには、ページをめくるたびに圧倒されます。

 

 

 

 

他全32冊。

2018年12月5日
Top