新着情報

NEW BOOKS 新着情報相模原


8/9 新着図書

 

【図書館員の注目本】

 

『世界図書館遺産』
本書で紹介する歴史的な大図書館はすべて建設当初は選ばれた人たちのためのものでした。本の保管場所であると同時にひとつの文化を映しだす鏡でもある、壮麗なるクラシックライブラリー23選をご堪能ください。

 

 

『吸血鬼の英文法』
文法的に正しい文章を「書ける」ようになるために。闇夜に潜む吸血鬼に頼って英文法を学びましょう。

 

 

『親切な商品案内のデザイン』
モノが溢れている現代、消費者は購入する商品を比較し検討します。生産者側は選ばれるために商品を魅力的に伝えようとします。両者をつなぐのが商品案内やカタログです。カタログ制作のヒントにどうぞ。

 

 

『絶滅生物図誌』
二度と出会うことはできない、けれど確かに存在していた生き物たち。この本の中にいる絶滅生物たち、そして今いる生き物たちに思いを馳せましょう。

 

 

『Sri Lankan Modernism スリランカの現代住宅』
スリランカの伝説的な建築家ジェフリー・バワ。スリランカ建築「新世代」建築家たちの、スリランカ島の各地に建つ21世紀の新しい個人住宅をご紹介します。

 

 

他全58冊

 

 

2018年8月9日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


8/8 新着図書

【書評に取り上げられた本】  〈サンデー毎日 2018/6/5 〉
 
 
『手仕事のはなし』  
本書では、徳島の藍染手ぬぐい、岐阜の本美濃紙の和帳、福岡の竹編みスツールなど、日本各地で作られる手仕事が紹介されています。情熱を持ってものを作る職人たちの姿に迫ります。現場の空気と職人の魅力が伝わる一冊です。
 
 

【女子美OGの本】

 
『おふとんさんとハリーちゃん』
「リラックマ」原作者コンドウアキさんの「おふとんさん」シリーズ第2弾。いつもやさしく包んでくれるおふとんさんが、主人公のハリーちゃんや読者の子どもたちを楽しく眠りに誘ってくれる絵本です。
 
『ノラネコぐんだん 海の果ての怪物』
人気絵本作家の工藤ノリコさんによる「ノラネコぐんだん」シリーズが童話になりました。海の王国のお姫様を怪物から取り戻すため、旅へでたノラネコたちの冒険はとってもスリリング。とぼけた表情のノラネコたちに癒されます。
 
 
【女子美関係者の本】
 
『韓国の民衆美術 : 抵抗の美学と思想』
韓国の民衆芸術運動や現代美術を研究する古川美佳さんが、韓国の美術運動の背景や人々の美意識の根源を考察した一冊。 韓国美術の表現様式の変遷についても時代を追って系統立てて紹介されています。
 
 
【図書館員の注目本】
 
『ニッポンおみやげ139景』
全国通訳案内士の作者が「日本のおみやげ」を世界各国にわかりやすく紹介しています。ガイドの仕事をしていた著者の経験も生かしてまとめられているので、お土産探しに迷っている方、おみやげコレクターの方にもおすすめです。
 
その他全35冊
カウンター前に、ぜひ足をお運び下さい。
 
 
詳細検索で「新着〇日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。
 
http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1
 
2018年8月9日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


8/1 新着図書

【書評に取り上げられた本】〈毎日新聞 2018/06/03〉
 
 
『13歳からの絵本ガイド YAのための100冊』
名作から2017年刊のものまで、10代の心に響く絵本を集めたブックガイド。「私は私…だよね?」「どっちも大切。恋愛と友情」など人生の普遍的なテーマを章立てに、アートへの入口やナンセンスを扱った章も。幅広い世代に絵本を届けたいという思いの伝わってくる一冊です。

 

書評(新聞)は関連リンクからご覧いただけます。

 
 
【図書館員の注目本】
 
 
『薔薇:日本テキスタイルデザイン図鑑』
薔薇模様に魅了された著者が繊細に作り上げたデザイン図鑑。何千年前から人々を引き付けてやまない薔薇が、着物模様の世界でも、魅力あふれる表情で描かれています。日本の染色の美しさ、多彩な技術、デザインの楽しさなどを日々伝えている著者が着物の薔薇模様の神髄に迫ります。
 
 
『たったひとつのドングリが』
森にどんぐりが一つ転がっていると、鳥が一羽やってくる。すると鳥を追って別の動物がやってくる。そんなシンプルな事実を重ねて、生態系の仕組みを教えてくれる絵本。深みのある色を重ねた森や動物たちの美しい描写も見どころです。
 
 
『ハルの日』
自らも自然や動物に囲まれて暮らし、動物を主人公にした作品も多い、どいかやさんの絵本。人に寄り添い、人を頼りにして生きてきた犬や猫が時に迎える、やるせない現実……愛らしい絵柄に、彼らの無垢さやいじらしさが滲み出て胸を打ちます。
 
 
 
その他全38冊
カウンター前に、ぜひ足をお運び下さい。
 
 
 
詳細検索で「新着〇日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。
 
http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1
 
 
2018年8月2日

NEW BOOKS 新着情報相模原


7/26 新着図書

【図書館員の注目本】

 

 

『国宝の解剖図鑑』
国宝が凄いことは知ってる、けれど「どう」凄いのかは知らない・・・そんな人へ、『○○の解剖書』シリーズに、国宝編が登場!
基礎知識から、国宝が数多く眠る寺院・神社の訪ね方まで、豊富なイラストで解説。展覧会や旅行の多いこの時期に最適です。

 

 

『「苔ボトル」 育てる 楽しむ 癒しのコケ図鑑』
近年テラリウムの人気から、観葉植物として注目が高まっている苔。その苔を、ボトルサイズで手軽にインテリア。風鈴を逆さまにして器とするなど、ユニークなアイディアも目を惹きます。
うだるように暑いこの夏、見た目にも涼やかな苔ボトルに癒やされてみませんか?

 

 

『デザイナーが未来に残したい私の3ヵ条』
グラフィック分野を中心に、デザインの最前線で活躍する14人のスペシャリストが、大切にしているルールや思いを「3ヵ条」に凝縮。珠玉のインタビュー集です。
「私を作った本と映画」のページもあるので、腰を据えて手を伸ばせる夏季休暇に是非。

 

 

『美しい世界の廃墟 朽ちてなお美しさを纏って蘇る廃墟たち』
端的にホラーと呼ぶには、恐怖だけでない感情を掻き立ててやまない廃墟。

確かに人がいたはずの痕跡が無常に朽ち果てていく様子は、不気味で、けれどどこか荘厳で叙情的な美しさも漂っています。

この本を通して、一風変わった世界一周を味わってみてはいかがでしょう。

 

 

『象徴と寓意 見えないもののメッセージ (ART GALLERY テーマで見る世界の名画 10)』
集英社創業90周年を記念して刊行されたシリーズの最終巻。
古来より人間が象徴や寓意で表現しようとしてきたテーマを、「生と死」「徳と罪」「自然と芸術」「運命と現実」の4つに分類して読解。シリーズが揃った今こそ、名画の世界に浸れるチャンスです。

 

 

 

他全60冊

2018年7月26日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


7/25 新着図書

【書評に取り上げられた本】〈朝日新聞 2018/06/23 ・ 産経新聞 2018/07/01〉
 
 
『かわいいロシアのAtoZ 愛おしくて素朴なデザインたち』
バレエ、マトリョーシカ、チェブラーシカ、サーカスなど、ロシア的なかわいいものが30項目にわたり楽しめるロシア案内。写真や豆知識もたっぷりで、旅心を誘われます。ロシアのデザインを参考にしたい人にも役に立ちそうです。

 

書評(新聞)は関連リンクからご覧いただけます。

 
 
【図書館員の注目本】
 
 
『日本のインテリアデザイン全史』
日本の古代から3.11以降の現代建築・空間デザイン・インテリアの変遷と評価が豊富な実例とともに俯瞰できる一冊。様式や技術の変化に触れつつ、平面図や断面図なども掲載。迫力ある建築写真も魅力です。
 
 
『Vanitas : ファッションの批評誌 005』
「ファッションはアートなのか」という疑問を出発点として「ファッション・デザイン・アート」特集を組む『Vanitas』最新刊。ファッションデザイナーで東京藝大で美学を学んだ小野智海氏など有識者3名の興味深いインタビューも掲載。
 
 
『子どもと一緒に覚えたい 野鳥の名前』
コマドリやヒヨドリ、キジバトやハシブトガラスといった、都会の市街地でも目にする身近な鳥を集めたアート図鑑。鳴き声や居場所、間違えやすい野鳥も紹介されています。同じ鳥を複数のアングルから撮影した写真が掲載されているのも嬉しいポイント。
 
 
 
 
その他全35冊
 
 
 
詳細検索で「新着〇日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。
 
http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1
 
 
 
2号館1階ロビーのガラスケース内で展示中の新着図書も貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。
 
2018年7月25日

NEW BOOKS 新着情報相模原


7/23 新着図書

 

【図書館員の注目本】

 

『書物の文化史』
何を目的に、どういうきっかけで書物が出現し、どのような機能を果たしてきたのか。
モノとしての書物(メディア)を通じ、「文献文化」「知の枠組み」を考察します。

 

 

『ウィンザーチェア 日本人が愛した英国の椅子』
18世紀前半からイギリスにおいて、「ウィンザーチェア」と呼ばれるようになった木製の椅子があります。

見た目はとてもシンプルですがどこか懐かしく、暖かい造りの椅子が並んでいます。
あなたが座ってみたくなるお気に入りの椅子はどれですか?

 

 

『動物の心 知性 感情 言葉 社会』
イソップ寓話を再演したカラス、大集団の中から自分の子を見つけるペンギンなど、動物の心に関する驚くべき発見をお伝えします。
家にいるペットの犬も、自分なりの知性を持った存在です。豊かな心的世界が見えてきます。

 

 

『GRANT WOOD AMERICAN GOTHIC AND OTHER FABLES』
グラント・ウッドの初期の作品から、成熟した絵画などを通して、芸術の全範囲を結集しました。
複雑で洗練された芸術家の作品をご覧いただけます。

 

 

『発達障害の人のための上手に「人付き合い」ができるようになる本』
生きづらさで悩んでいる、仕事の場面でつまずいてしまう、人とのコミュニケーションがうまくいかない方々に。
悩んで自分の殻に引きこもってしまう前に、ぜひこの本を開いてみてください。人付き合いのヒントがあるはずです。

 

 

 

他全72冊

2018年7月23日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


7/19 新着図書

【書評で紹介された本】

 

 

『百貨店の展覧会』 〈朝日新聞 2018/04/21〉

 

漫画から文芸まで幅広い分野の展覧会を開催し、街のメディアとして大きな文化的役割を果たしてきた都心の百貨店。本書では昭和50年代から80年代にかけて開催された百貨店の展覧会とその背景を振り返り、昭和という時代をひもときます。

 

 

書評(新聞)は関連リンクからご覧いただけます。

 

 

 

【図書館員の注目本】

 

 

『デザインあ 解散!の解』 

 

ブロッコリーも、いがぐりも、交通標識も、野球のボールも、みーんな「解散!」。モノをばらしてパーツ化することを「解散!」と呼び、観察・発見を楽しむNHK Eテレ「デザインあ」の人気コーナーが小さな絵本になりました。「解」「散」の2巻セットでどうぞ。

 

 

『世界遺産ル・コルビュジエ作品群 : 国立西洋美術館を含む17作品登録までの軌跡』 

 

モダン建築として高い評価を受けながら、ル・コルビュジエ作品群が世界遺産に登録されるまでには、実に15年以上が費やされたそうです。大陸をまたいで17もの作品を登録するために奔走した著者が、その道のりと文化遺産登録の意義や実情を解説しています。

 

 

『中尊寺と平泉をめぐる』 

 

2011年に世界遺産に登録された東北を代表する寺院、中尊寺と平泉周辺をめぐる旅ガイドです。コンパクトな本ながら、金色堂内陣巻柱や金銅華鬘といった文化財の写真も豊富に掲載。平安時代から伝わる美しい意匠が堪能できます。

 

 

『弾きがえる』 

 

かえるにバイオリンの演奏を頼まれた3兄弟の顛末を描いた「日本のアンデルセン」久留島武彦氏の童話絵本です。市居みかさんののびやかな絵が、兄弟とかえるたちの応酬を生き生きと表現しています。

 

 

その他全39冊

 

詳細検索で「新着〇日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

 

2号館1階ロビーのガラスケース内で展示中の新着図書も貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

2018年7月19日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


7/13 新着図書

【書評で紹介された本】

 

 

『さとやまさん』 〈毎日新聞 2018/07/04 〉

 

森と町の間にある里山の、四季折々の風景とそこに育まれる命の営みが丁寧にすくいとられた写真絵本です。親しみをこめて「さとやまさん」と呼びかける詩人の言葉に、里山への愛があふれています。

 

 

『日本のポスター』  〈産経新聞 2018/04/04 〉

 

「18時のビール・15時のおやつ」「装いの美学」といった、日常生活をテーマにした章立てで日本のポスターの歴史を振り返る、文庫サイズのデザイン書。掲載されているのは、京都工芸繊維大学資料館が収蔵する貴重なコレクションです。

 

書評(新聞)は関連リンクからご覧いただけます。

 

 

 

【図書館員の注目本】

 

 

『「折り」の設計 : ファッション、建築、デザインのためのプリーツテクニック』

 

丸めたり、アコーディオン状にしたり、ねじったり、交差させたり、グリッドにしたり……折り方ひとつで紙や布にゆたかな表情をつけるテクニックが満載の一冊です。多様なデザインに応用できそうな美しいプリーツのアイデアが見つかります。

 

 

『大統領を動かした女性ルース・ギンズバーグ : 男女差別とたたかう最高裁判事』

 

1970年代に女性の権利拡大に大きく貢献した弁護士ルース・ギンズバーグ女史の人生を事件に見立てて描いた絵本。インクのにじみやノートのコラージュを生かした表現に感情を揺さぶられます。『The New York Times』誌が選ぶ2017年のベスト絵本にも選出されました。

 

 

『セーラー服と女学生 : 100年ずっと愛された、その秘密 』

 

イギリス海軍の水兵服にはじまるセーラー服は、いつしか人気のファッションに。本書にはそんなセーラー服が女学生の制服として定着した歴史や、さまざまな画家による叙情画コレクション等を掲載。カバーや章扉を彩る中村佑介さんのイラストもチャーミングです。

 

その他全30冊

 

詳細検索で「新着〇日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

 

2号館1階ロビーのガラスケース内で展示中の新着図書も貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

2018年7月13日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


7/6 新着図書

【女子美客員教授の本】 (萩尾望都先生の著書)

 

 

『私の少女マンガ講義』

 

『ポーの一族』や『残酷な神が支配する』ほか、時代を先取りするマンガ表現で長年にわたりファンを魅了し続けている萩尾望都先生。本書には、萩尾先生がイタリアのボローニャ大学で語られた少女マンガの歴史や創作の秘密、自作マンガ観などの貴重な講義録が収録されています。

 

 

 

【女子美OGの本】   (小松美羽さんの著書 / クボトモコさんの共著)

 

 

 

『世界のなかで自分の役割を見つけること : 最高のアートを描くための仕事の流儀』

 

寺社の狛犬や聖域を守る神獣をテーマにした作品が、出雲大社や大英博物館日本館に収蔵される新進気鋭のアーティスト 小松美羽さん。小松さんの原点やこれまでの歩み、未来へ向けたアート観・人生観が語られた本書は、これからアーティストをめざす皆さんに、ぜひおすすめしたい一冊です。

 

 

 

『いちばんやさしい鳥刺しゅう』

 

眺めるだけでもそのかわいらしさに癒される、鳥の刺繍66点を収録した図案集です。シンプルに1色で、または多色づかいでカラフルに。スケッチするような感覚で、ハンカチやシャツの襟もと、布バッグなどにワンポイント刺繍をしてみませんか? 

 

 

 

【図書館員の注目本】

 

 

 

『ヴァージニア・リー・バートンの世界 : 『ちいさいおうち』『せいめいのれきし』の作者』

 

『ちいさなおうち』や『せいめいのれきし』など、今なお子どもたちを引き付けるヴァージニア・リー・バートンの物語世界とその創作の秘密に迫るビジュアルブック。恐竜学者 真鍋真さんと生物学者 福岡伸一さんの対談のほか、貴重な初公開資料も紹介されています。

 

 

 

『行ってみたい世界の灯台』

 

デザインやたたずまい、立地のシチュエーションも実にさまざまな世界の灯台66基を紹介した写真集です。海の中にそびえるもの、半島に立つもの、オーロラや星空が似合うもの…。アメリカ最古の灯台などの珍しい灯台も登場します。眺めていると、灯台をめざして世界中をめぐりたくなります。

 

 

 

その他全30冊

 

詳細検索で「新着〇日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

 

2号館1階ロビーのガラスケース内で展示中の新着図書も貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

2018年7月6日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


6/30 新着図書

【女子美OGの本】(なかやみわさんの絵本)

 

 

『やさいのがっこう : とうもろこしちゃんのながいかみ』

 

「そらまめくん」シリーズが人気の、なかやみわさんの新作です。野菜の子どもたちが、多種多様な外見や性格を受け入れ、おいしくなるために皆で協力してがんばる様子は、人間社会の理想の姿。著者の暖かい想いが伝わってきます。

 

 

 

【書評で紹介された本】〈朝日新聞 2018/03/25      毎日新聞 2018/05/06 〉

 

 

『ケルトの想像力 : 歴史・神話・芸術』

 

現代カルチャーにも影響が見られるケルト文化を「歴史・神話・芸術」の3点を軸に詳解した話題の書。妖精やドルイドが活躍する神話や伝説、ケルズの書に見られる装飾美術、神秘的な遺跡など、ケルト文明は現代人を魅了するロマンにあふれています。

 

書評(新聞)は関連リンクからご覧いただけます。

 

 

 

【図書館員の注目本】

 

 

『奇岩の世界』

 

長い時間をかけて形成された、異様な存在感を放つ奇岩の数々を世界中から集めた写真集。巨大な仏像のようなキノコ岩や、翼が生えたような岩の姿には、ただただ驚嘆。人為の及ばない地球のダイナミズムからインスピレーションを得たい人におすすめです。

 

 

『和と出会う本 : 現代を生きる芸能・工芸・建築・祈り』

 

現代的な美意識を育みながらも、昔からの伝統や営みを大切にしてきた和の文化を、音楽や工芸、建築、味覚まで幅広い分野にわたり紹介した一冊。杉本博司さん、東儀秀樹さん、野村萬斎さんなどへの取材のほか、エッセイ、写真等を織り交ぜて、新たな視点で日本文化を案内しています。

 

 

『ビジュアルデザイン発注時に知っておきたい!著作権のキホン : トラブルを未然に防ぐ対策Q&A』

 

クリエイティブな活動を続けるうえで、ビジュアル使用の可否は頭に入れておかねばならない必須知識。トラブルを避けるための傾向と対策を、知的財産権に詳しい弁護士がポイントを押さえて解説しています。

 

 

その他全45冊

 

詳細検索で「新着〇日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

 

2号館1階ロビーのガラスケース内で展示中の新着図書も貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

2018年6月30日
Top