新着情報

NEW BOOKS 新着情報杉 並


6/20 新着図書

【図書館員の注目本】

『すぐに使える!公務員のデザイン大全』

公務員が作った公務員のためのポスター・チラシの作り方がわかる本。公務員でなくても参考になることが多く、良い例・悪い例の対比もわかりやすい。

 

【図書館員の注目本】

『minneが教える売れるきほん帖 ハンドメイド作家のための教科書!! minne公式本』

これからハンドメイド作家になろうと考えている人に向けた実用書。値段の付け方から写真の撮り方・SNSの作法までくわしく解説しています。

 

【図書館員の注目本】

『ネンドノオンド』

佐藤オオキがインタビュアーになり、世界的トップデザイナーにインタビュー。インタビュー中の録画や録音をしないので、佐藤オオキさんの記憶をもとに文章化。デザイナーによって話し方が違うのもポイント。

 

【図書館員の注目本】

『まほうのさんぽみち』

パパとお散歩しながら歩く道はとっても楽しい。でも本当のお楽しみはもっと先にあり…。絵本の中の町の風景がイギリスの町っぽくかわいらしいです。

 

【図書館員の注目本】

『どうぶつたちのうた』

どうぶつの特徴や見た目を韻を踏んで紹介したりなぞなぞのような言葉遊びで紹介したり。声に出して読みたくなるようなユーモアな絵本。

その他全25冊

展示中の新刊図書は、2号館1階ロビーのガラスケース内 / カウンター前ともに貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

詳細検索で「新着○日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

2019年6月20日

NEW BOOKS 新着情報相模原


6/17 新着図書

【図書館員の注目本】

 

『パリ歴史文化図鑑』

建造物の波乱にとんだ運命の物語には、具体的で確実、そしてはっきりと目にすることが可能な要素がくわわっています。

奥付にある本書の発行日は2019年3月31日。

4月15日に起きたノートルダム大聖堂の火災。まさに波乱にとんだ運命の建造物の、在りし日の姿もご覧いただけます。

 

『中原淳一 きもの読本』

どこの国を見ても自分の国の服装を持たない国はありません。

和装の特色は、年齢によってデザインがかわらないこと、時代によって型がかわってゆかないこと。一着のきもので一生着ることができるかもしれない、きもののよさをぜひ発見してください。

 

『詳説 日本の宝飾文化史』

日本にも、誇るべき独自の宝飾装身具文化があった!

日本の宝飾装身具文化の伝統を豊富な図版と文献資料で多角的に考察。

日本のジュエリーに自信と誇りを持ち、未来につなげていただきたいものです。

 

『ジョルジョ・ヴァザーリと美術家の顕彰』

ながらくヴァザーリ を「美術史の父」として称えながら呪縛してきた従来の言説から距離を置き、その諸活動を新たな枠組みでとらえなおすのが本書のねらいです。

 

『世界の美しいスタジアム』

わたしたちは、何故そこに向かうのか。そして、何故そこに集うのか。

さまざまな国の聖地であり、闘技場であり、神殿であるスタジアム。

特色ある美しいスタジアムが集まりました!

他全64冊

2019年6月17日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


6/13 新着図書

【図書館員の注目本】

『中野京子特別授業シンデレラ 図書館版 (NHK100分de名著. 読書の学校)』

誰もが知っている童話「シンデレラ」を怖い絵シリーズの著者である中野京子さんが案内する。シンデレラの挿絵の解説もあります。

 

【図書館員の注目本】

『猫と藤田嗣治』

藤田嗣治が描いた猫の本。藤田作品の解説・ネコ研究者による猫の解説付きなので、猫が好きな人も藤田作品が好きな人も楽しめる。

 

【図書館員の注目本】

『日本の文化財 : 守り、伝えていくための理念と実践』

文化財を守り、後世に伝えるための技術や理念について書かれた本。文化財修理の歴史から文化財修理の具体的な方法が載っています。

 

【図書館員の注目本】

『くもとそらのえほん (PHPにこにこえほん)』

光や風の流れで形を変える雲。美しいイラストとわかりやすい文章で雲の形と名前がわかる絵本。今日の雲はどんな形をしているでしょう?

その他全30冊

展示中の新刊図書は、2号館1階ロビーのガラスケース内 / カウンター前ともに貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

詳細検索で「新着○日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

2019年6月13日

NEW BOOKS 新着情報相模原


6/7 新着図書

【図書館員の注目本】

『科学でアートを見てみたら』
「ゴッホの描く太陽は日の出と日の入りどちら?」
「ターナーの風景画から当時の大気の状態がわかる?」
従来の美術研究とは違う、科学者の目線で見ることでアートの新たな側面が見えてきます!

 

『’70s&’80sサンリオのデザイン』
先日サンリオキャラクター大賞が発表されました。みなさんが生まれるずっと前に誕生して、いまも愛されているサンリオのキャラクターたち。
70年代、80年代にあっても、変わらぬサンリオの楽しさいっぱいのデザインをぜひどうぞ。

 

『パーフェクト配色ブック』
新しい感覚のユニークな色の世界をご紹介します。
デザイナーの方だけでなく、色彩センスを磨きたい一般の方のインスピレーションとアイディアソースとして幅広くご活用ください。

 

『鳥居大図鑑』
「鳥居」といえば地図記号としても描かれるように、まさに神社の代名詞。神々の聖なる世界への入口であり、人々を聖域へと誘い入る存在です。
本書で鳥居の奥深い魅力を知って、存分に楽しんでみませんか? 

 

『マッチ・ラベル1950s-70sグラフィックス』
マッチがライターに変わり店の多くが禁煙傾向にある今日、広告マッチを配布している店は少なくなりました。
マッチの小さな世界には、それを作るために関わった多くの人々の思いと技術が詰まっています。
店主の想いが込められた素敵なデザインの数々をご覧いただけます。 

 

他全55冊 

2019年6月7日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


6/6 新着図書

【女子美教員の本】

『フウちゃんクウちゃんロウちゃんのふくろうがっこう こわいものにであったらのまき』

【女子美教員の本】非常勤講師のいとうひろし先生の絵本。「ふくろうがっこう」シリーズの第2弾です。今回のお話は「こわいものにであったら?」ふくろうの先生とこどもたちのたのしい授業のお話です。

 

【女子美OGの本】

『そらまめくんとおまめのなかま』

【女子美OGの本】そらまめくんシリーズ初の赤ちゃん絵本。そらまめくんやいろいろな豆のおともだちがさやからでてくる絵本。ページをめくると擬音語とともに豆が元気に登場。

 

【女子美OGの本】

『どこどここけし』

【女子美OGの本】タイトルから内容が想像できそうですが、こけしとは似つかないようなところに隠れていたりするので、こけしを探す楽しみと、予想外のものに見立てたおもしろさがある絵本。

 

【図書館員の注目本】

『海外名作映画と巡る世界の絶景』

海外名作映画の中に登場する美しい絶景を、映画のストーリーや実際に撮影されたシーンと共に紹介。映画のシーンとはまた違う雰囲気で撮影されているので、海外旅行のガイドブックとしても楽しめる。

 

【図書館員の注目本】

『どうぶつのかたち練習帖』

かわいくてリアルなどうぶつの描き方の本。約80種類のどうぶつの描き方を、色えんぴつシリーズの人気著者が、読者からの質問の多かった「かたち」の描き方のコツを楽しく紹介。

 

【図書館員の注目本】

『久保修切り絵画家の半生』

切り絵画家・久保修の作品と生い立ちを絵と文章で綴った本。作品へのコメントや切り絵の作り方、作品年表などがあり、見て、読んで、わかる切り絵画家久保修の本となっています。

その他全25冊

展示中の新刊図書は、2号館1階ロビーのガラスケース内 / カウンター前ともに貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

詳細検索で「新着○日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

2019年6月6日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


5/30  新着図書

【女子美OGの本】

『イラストで読む旧約聖書の物語と絵画』

旧約聖書がわかると、西洋絵画鑑賞がおもしろくなる! 旧約聖書の物語をイラストと名画でわかりやすく解説する。

  

【女子美OGの本】

『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』

バツイチ同士の事実婚で再婚した著者。家事分担の具体的な方法から、揉め事あるあるなど夫婦関係をぶつかりつつもアップデートしてきた様子を赤裸々に描いたコミックエッセイ。

  

【図書館員の注目本】

『虹のくじら』

著者がライブペインティングで描いてきた絵に今回の絵本のために書き下ろしの詩を添えて作った大人のための絵本。

  

【図書館員の注目本】

『ティム・バートン : 鬼才と呼ばれる映画監督の名作と奇妙な物語』

ティム・バートン本人はもちろん、親交の深い人への取材から、彼の唯一無二の表現をたどることができる。ディープなファンからライトなファンまで楽しめる1冊。

  

【図書館員の注目本】

『おいせまいりわんころう』

江戸時代に大流行したお伊勢まいり。なんとイヌも、ご主人にかわっておまいりに出かけ、りっぱにおまいりをすませて帰っていった。本当にあったイヌのお伊勢まいりを描いた絵本。

   

【図書館員の注目本】

『ねこの3つのねがいごと』

ヘビを助けたら「3つねがいごとをかなえてあげる」と言われたねこ。「ねがいごとなんてない」とつっぱねたが…。最後はハッピーエンドです。

その他全32冊

展示中の新刊図書は、2号館1階ロビーのガラスケース内 / カウンター前ともに貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

詳細検索で「新着○日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

2019年5月30日

NEW BOOKS 新着情報相模原


5/29 新着図書

【図書館員の注目本】

 

『メイド服とレインコート』
「イギリスらしいファッション」の起源を19世紀後半から1920年ごろのイギリスに求め、その成り立ちと発展を考察します。
消費文化の中心としてのロンドン。そこで生み出されたモダンなファッションを探っていきます。

 

 

『ポートフォリオ見本帳』
クリエイティブ業界で採用のエントリー時に提出を求められる場合が多いポートフォリオ。
本書では業界ごとに5つに分け、実例を紹介しつつ特徴や求められるポートフォリオについて解説しています。
あなたのポートフォリオづくりのアシストにぜひ。

 

 

『古典に学ぶ人物デッサン』
ミケランジェロやダ・ヴィンチなど、偉大な巨匠たちのデッサンと技法を基にして作った、最新の人体デッサン技法書。
説得力のある真に迫ったデッサンを描くスキルが身につきます。

 

 

『ビジネス目線で見る現代アート世界』
海外での美術品のオークション、というと数億、数十億円の別世界を思い浮かべませんか?実際には百万円位から参加できるそうです。
本書を読めば、多くの画商よりもオークションに精通できる?!かもしれません。

 

 

『世界のデザイン・マップス』
描かれる土地の風景と、そこから醸し出される雰囲気や豊かなストーリーを伝えてくれる地図たち。
世界各地から集められたバラエティに富んだ地図作品の数々をご紹介します。

  

 

他全31冊

2019年5月29日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


5/23 新着図書

【書評に取り上げられた本】 朝⽇新聞(2019/04/27)

『美術は魂に語りかける』

アートには人を癒す働きがあり、鑑賞者を導き、刺激し、なぐさめてくれる。人間がよりよく生きていこうとするときに、心の弱さを補う道具としてのアートの役割について考える。

 

【女子美関連の本】

『デザイン・クリエイティブ業界を目指す人のためのポートフォリオ見本帳』

グラフィック、WEB、プロダクト、工業デザイン、空間、インテリア、映像、ゲームなどの業界で採用されたポートフォリオの実例32点を紹介。女子美もこの本の制作に協力しています。

 

【図書館員の注目本】

『食と暮らしを豊かにするデザイン』

デザインを味方につけて「おいしく食べる」を上手に引き出すためのプロジェクトを成功に導く鍵となる「考え方」、関わるすべての人が笑顔になる「仕組みの作り方」を解説する。

 

【図書館員の注目本】

『JP-34』

日本の各都道府県を空撮した「JP」シリーズ広島の作品集。われわれは思いがけない距離から歴史の傷に触れてしまう−。広島市を中心に宮島、呉、江田島などを収め、地表と時層を眺望する写真集。

 

【図書館員の注目本】

『ベイビーレボリューション』

ある日突然、世界中の赤ちゃんたちが、はいはいして外へ出た…。「SHERBETS」の曲「Baby Revolution」に、奈良美智の絵を添える。

 

【図書館員の注目本】

『お話の種をまいて : プエルトリコ出身の司書プーラ・ベルプレ』

1920年代にニューヨーク公立図書館で働き、司書・作家の枠にとらわれず活躍した「ラテンアメリカ文化の母」プーラ・ベルプレの物語。

 

その他全30冊

展示中の新刊図書は、2号館1階ロビーのガラスケース内 / カウンター前ともに貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

詳細検索で「新着○日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

2019年5月23日

NEW BOOKS 新着情報相模原


5/18 新着図書

【図書館員の注目本】

 

『あこがれのオートクチュール刺繍』
ビーズやスパンコールなどをふんだんに使い、豪華に自由に美しく刺繍を施す

オートクチュール刺繍。
初めて挑戦してみたい方から刺繍経験者のアイデア集として、また

オートクチュール刺繍の美しさに浸れる本としても楽しめます。

 

 

『Winnie-the-Pooh:Exploring a Classic クマのプーさんの原作と原画の世界』
いまさら紹介の必要はないでしょう、あの有名なクマと仲間たち。
A.A.ミルンの文章とE.H.シェパードの挿絵が織りなす物語が誘う世界で

「クマのプーさん」シリーズの魔法に触れてください。

 

 

『プレゼンの語彙力』
思わず聞いてしまうプレゼンと眠くなってしまうプレゼンの違いとは?
本書で解説している「言い回しの7つの視点」を覚えたら、あなたのプレゼンスキルは

グッと高まるはず!

 

 

『思わぬ出会いに心ときめく パリの小さな美術館』
ルーブルもオルセーも大好きです。でも2度目3度目のパリだったら。
本書がご紹介する、住人たちがこよなく愛する“ふだん着の美術館”で

とっておきの時間をお過ごしください。

 

 

『フェルメール 隠された次元』
私たちはなぜフェルメールの絵画にこれほどまでに心惹かれるのでしょう。
本書には著者いわく「現時点での私のフェルメール研究(あるいはオタク的偏愛)

の最前線」が記されています。
汲めどもつきないフェルメール世界の謎へ、あなたを誘います。

一緒にフェルメールの小宇宙を楽しんでください。

 

 

他全47冊

2019年5月18日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


5/16 新着図書

【書評に取り上げられた本】SUNDAY LIBRARY(2019/02/19)

『マイ遺品セレクション』

「マイ遺品」とは、「死ぬまで捨てるもんか!」と強い意志を持って収集し続けているモノのこと。集めまくった「自分にとっては大切なモノ」たちを「遺族は困るだろうけど、死ぬまで捨てられないマイ遺品」として、熱い文章と集めた証拠写真で紹介。

 

【図書館員の注目本】

『へんちくりん江戸挿絵本 (インターナショナル新書:034)』

多彩な出版文化が花開いた江戸。本書で取り上げるのは、それらさまざまなジャンルの本を徹底的にいじり倒したパロディ本である。日本美術の範疇からこぼれ落ち忘れられていた貴重な「へんな和本の挿絵」100点以上を掲載し、その見所を解説する。

 

【図書館員の注目本】

『展覧会プロデューサーのお仕事』

美術館学芸員、展覧会の企画制作を目指す方、必読!日本一の展覧会仕掛け人が、これまで手掛けた展覧会メニューを紹介。企画立案から運営コスト、展示物調達、広報宣伝、集客テクニックまで、人々を感動させた展覧会の実態を明かす。

 

【図書館員の注目本】

『ゆるカワ日本美術史 ヴィジュアル版』

日本人はずっと昔から「ゆるくてカワいい」が好きだった! 土偶や埴輪から寺社縁起、民間仏、大津絵、工芸品。近世・近代絵画まで、ゆるカワな名品を集め、kawaii文化の源流をたどる。

 

【図書館員の注目本】

『ディアガール : おんなのこたちへ』

おんなのこたちへ。あなたと同じ人はどこにもいない。泣きたいときは泣いてもいい。怖がらずに聞きたいことは聞けばいい。まわりを気にせずあなたの色を塗ろう…。現代を生きるすべてのおんなのこたちへエールをおくる絵本。

 

【図書館員の注目本】

『こんとん』

いつも空を見上げて笑っている、こんとん。目も耳も鼻も口もないこんとんに、帝たちは…。中国神話に登場する「渾沌」の伝説をもとに、夢枕獏が語るせつない物語。その「ものいわぬもの」のイメージを松本大洋が愛しさをこめて描いた美しい絵本。

 

その他全30冊

展示中の新刊図書は、2号館1階ロビーのガラスケース内 / カウンター前ともに貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

詳細検索で「新着〇日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

2019年5月15日
Top