あかんべえ
No.046
  • 著 者:宮部みゆき
  • 出版社:PHP研究所
  • 出版年:2014.9

江戸時代を背景にした可愛い女の子とお化けのお話。
一見、ファンタジーのようでもあり、ユニークな表現もたくさんあり読みやすい作品だが、物語のなかで読者に伝えたいものは、なんなのかを考えさせられるお話です。
時代背景もあり、貧しい中での人々の暮らしぶりや、道具類、生活用品などをうかがい知れる。逆に今ではあまり見ないような豊かな心のやり取りや、日本人ならではの道徳観、思いやりなどにも感動してしまう。宮部作品の江戸時代ものは全て読んでいるが、どれにも日本人の心の豊かさが表現されており、最後には感動してしまいます。

短期大学部デザインコース 教授
小林 信恵 
Casa brutus : life design magazine 読み継ぐべき絵本の名作200 2015年1月
No.045
  • 著 者:マガジンハウス[編]
  • 出版社:マガジンハウス
  • 出版年:2015

絵本ってこどもの頃に読むだけのものなのかな?
きっとそれは違うはず!
この本には今出会えてよかったと思える絵本がいっぱい。
『ちいさなうさこちゃん』『はらぺこあおむし』『ぐりとぐら』。
一度は読んだことがある名作も作家のインタビューを織り交ぜて紹介されており、違った角度でその絵本を知ることができる。
本学図書館では紹介された絵本の約7割に所蔵があるので、この機会に絵本の書棚に足を運んでみてはいかがでしょうか。

杉並図書館スタッフ
K.A

大貫卓也全仕事
No.044
  • 著 者:大貫卓也
  • 出版社:マドラ出版
  • 出版年:1992

新潮文庫「Yonda?」や「ペプシマン」などそれまでにない広告キャンペーンを打ち出してきたアートディレクター大貫卓也氏。それらが世に出る前の若き頃の作品集です。僕らの世代で言えば「としまえん」が中でも有名。今見ても笑える表現、インパクトある広告が満載です。特に「史上最低の遊園地。」は必見。エイプリルフールを逆手に取った最高傑作です。また西武百貨店「川崎事件」など、突飛なビジュアルアイデアも美しく完成度高く仕上げる、という彼の作風がこの後多くの広告に影響を与える「表現のマイルストーン」となりました。

メディア表現領域 非常勤講師
勝村 久司
人生が輝くロンドン博物館めぐり入場料は無料です!
No.043
  • 著 者:井形慶子
  • 出版社:KADOKAWA 
  • 出版年:2015

博物館都市ロンドン。大英帝国の歴史からアートまでを無料で堪能できてしまいます。本書では、歴史、科学、絵画、個性豊かなミュージアムが紹介されています。
無料だからか、イギリスでは博物館から仕事のアイディアを探す人が多いのだそうです。
ロンドンを訪れる際は、本書を参考にお金のかからない豊かな時間を過ごしてみてはいかがでしょう!

杉並図書館スタッフ
Y.Y

三文オペラ : ブレヒト/ヴァイル ; 放蕩児の遍歴 : オーデン/ストラヴィンスキー
No.042
  • 著 者:ブレヒト、岩淵達治訳 他
  • 出版社:音楽之友社
  • 出版年:1989年

俳優、演出家、大道具、衣装、照明、音楽。さまざまの要素が最高のレベルで出会ったとき、芝居は奇蹟としか言いようのない圧倒的な表現に達する。そういう舞台に接することが出来たら、幸運を噛みしめるべきだ。裏返していえば、ある戯曲の理想的な上演というものは、そうめったにお目にかかれるものではない、ということ。そう考えると、戯曲を読む楽しみを知るひとが少ないのは残念だ。ブレヒトは、ベケットと両極をなす20世紀演劇の代表的作家。戯曲から自分なりの舞台を思いめぐらしてほしい。

教養研究室 教授
田桐 正彦
Top