図書館からのお知らせ

NEWS 図書館からのお知らせ杉 並


山本絵未里『つき』展開催中

現在、杉並図書館ギャラリーコーナーにて、アート・デザイン表現学科 山本絵未里さんの展覧会『つき』展を開催しています。

                 


月を臨む大胆な構図の作品たちは、シンプルでありながら謎めいていて、不思議な空気感が漂います。

                           

是非この機会に図書館ギャラリーへお立ち寄りください。

                                   

山本絵未里『つき』展        

会期:2020年1月7日~2月13日

                                                 

◆作者からのメッセージ◆

こんにちは山本絵未里です。この「つき」という展示では、どこでも見れてどこにいても変わらずそこにある月をモチーフにシリーズとして描きました。知らない場所かもしれないもしかしたら見たことかもしれない、なんとなく既視感のあるちょっと不思議な世界観を感じてもらえると幸いです。

                                            

■インスタグラム

https://instagram.com/emilytousagi?r=nametag

                           

                                 

★杉並図書館ではギャラリーコーナーで展示してくださる方を募集しています。お気軽に図書館カウンターまでお問い合わせください★

2020年1月9日

NEWS 図書館からのお知らせ杉 並


杉並図書館員推薦図書コーナー 1月

杉並図書館員推薦図書コーナーを入れ替えました。

展示されている本は貸出可能です。詳細はカウンター前の杉並図書館員推薦図書コーナーをご覧下さい。

全6冊です。

 

『ゴッホの地図帖 : ヨーロッパをめぐる旅』

『日本懐かし団地大全』

『Collage by Women : 50 essential contemporary artists』

『Rachel Whiteread』

『みんなの家、その先へ』

『Design for children : play, ride, learn, eat, create, sit, sleep 』

 

2020年1月8日

NEWS 図書館からのお知らせ杉 並


特集コーナー「ミニチュアの世界」

1月の杉並図書館・特集コーナーのテーマは、
「ミニチュアの世界」です。           

                          

なぜか惹かれてしまう、手のひらに乗るサイズの小さいものたち。

ミニサイズというだけで、不思議とかわいさがアップしてしまいます。
今回は、本物に見えてしまうミニチュアや、なぜかミニチュアのように見えてしまう写真集などを集めてみました。         

小さなものたちの魅力を、ぜひ手に取ってごらんになってください。

            

                     

その中から何冊か本をご紹介します。

            

                            

1.『おまめの豆本づくり』
豆本とは、手のひらに乗るサイズの小さな小さな本のことです。
豆本や小さな巻物、カバー付きの小さな本の作り方などがとても丁寧に紹介されています。
豆本のかわいらしさに、魅せられてしまう一冊です。

                

                      

2.『手のひらの美 ミニチュアの世界~小林礫斎を中心に~』
小林礫斎は、明治末から昭和にかけて、数多くのミニチュア作品を世に送り出した職人です。
硯箱や、象牙の箪笥など、精巧すぎるつくりに目を奪われます。

               

                      

3.『MINIATURE LIFE』・『MINIATURE LIFE2』
ミニチュアの人形と日常にある物で、様々なシーンが表現された写真集です。
ブロッコリーの大木の下でピクニックをしていたり、お皿の模様で自転車がレースしていたり、まるで会話が聞こえてくるような躍動感を感じます。
『MINIATURE LIFE2』では、それぞれの写真に一言添えられたコメントにクスッとされられます。

          

他全11冊、すべて貸出可能です。

是非、カウンター脇の特集コーナーをご覧ください。

2020年1月7日

NEWS 図書館からのお知らせ両キャンパス


【終了しました】新春!お年玉企画 雑誌付録を配布します

2020年のカレンダーをはじめとする雑誌の付録を配布します!

 

6日間の期間限定配布となりますので、

是非この機会に図書館へお越しください!

校内に掲示しているポスターも併せてご覧ください。

 

配布期間:2020年1月6日(月)~1月11日(土)

※1/11(土)は入試前日のため15時閉館となります。

   

配布場所:杉 並 グループラーニングルーム前

     相模原  1階 コインロッカー前

 

2020年1月6日

NEWS 図書館からのお知らせ杉 並


杉並図書館員推薦図書コーナー 12月

杉並図書館員推薦図書コーナーを入れ替えました。

展示されている本は貸出可能です。詳細はカウンター前の杉並図書館員推薦図書コーナーをご覧下さい。

全12冊です。

 

『萩尾望都SFアートワークス』 〈女子美客員教授萩尾望都先生の著作〉

 

『フランス語日記』 〈女子美OG酒巻洋子さんの著作〉

 

『最新!北欧デザイン・コレクション』

『滝 : 日本の原風景』

『HIROKO KOSHINO』

『British textiles : 1700 to the present』

『トトロの生まれたところ』  

『東京の巨大地下網101の謎 』

『Olafur Eliasson : the weather project』

『日本の色図鑑』

『デズモンド・モリスの猫の美術史』

『ゴッホ:最後の3年』

 

2019年12月14日

NEWS 図書館からのお知らせ杉 並


【終了しました】杉並図書館情報検索ガイダンスのお知らせ

ガイダンスで使用した資料をお配りしています。

お気軽にカウンターまで!

   

図書館検索ガイダンスを開催します!

レポートや制作に必要な資料集め、どうしていますか?

必要な本の探し方がわからない…オンラインデータベースってどう使うの?そんな疑問にお答えします。

今回の図書館ガイダンスでは、

●図書館のPCを使って「OPAC検索」 ⇒ 実際に資料を取りにいく!

●主要データベース「聞蔵」「CiNii」など、基本的な検索方法

●女子美に所蔵がない資料の取り寄せ「相互貸借」とは?  など・・・

 

情報検索を活用して、課題やレポート、日々の作品制作に活かしてくださいね!

【開催詳細】

 日時:12月11日(水)・12月13日(金) *各回同じ内容です。

 時間:16:20~17:50(5時限目)

 会場:杉並図書館 グループラーニングルーム

 持ち物:筆記用具 

    

*参加申し込み不要!都合の良い日に直接会場へお越しください。

短大・学部・院生問わずご参加いただけます。

 

 

★レポート・論文作成に役立つ!

図書館情報検索ガイダンス配布資料

PDF「オンラインデータベース・電子ジャーナル一覧」

女子美で使える、主要な「オンラインコンテンツ」の詳しい使い方を公開します。

情報検索ガイダンスでは、一部のコンテンツを、実際に検索・体験して頂きます!

皆さんの情報検索に、ぜひ役立ててください。

2019年12月13日

NEWS 図書館からのお知らせ相模原


1Fミニ展示コーナー「クリスマス本特集」

  

1階入口横のミニ展示コーナーを入れ替えました。

 

そろそろ、クリスマスが近づいてきましたね。

相模原図書館では、クリスマスに関連した本やDVD、雑誌を紹介しています。

 

クリスマス気分を盛り上げてくれるものばかりですので

お気軽にご覧ください。

2019年12月11日

NEWS 図書館からのお知らせ杉 並


展覧会カタログ・雑誌付録を配布します

重複展覧会カタログ・雑誌付録を杉並図書館館内で配布します!

無くなり次第終了です。

                      

是非この機会に図書館へお越しくださいませ。

                             

配布期間:2019年12月11日(水)~

配布場所:杉並図書館 グループラーニングルーム前

2019年12月11日

NEWS 図書館からのお知らせ杉 並


特集コーナー「写真集『世界の美しい〇〇』シリーズ」

12月の杉並図書館・特集コーナーのテーマは、
「写真集『世界の美しい〇〇』シリーズ」です。

 

ご存じですか? タイトルに「世界の美しい~」や「世界の~」とつく、美しい色彩の写真集。パイインターナショナル社が発行している人気シリーズです。世界中の建築やお店、生き物、雑貨など幅広いテーマを扱っています。

 

 

どの写真もこれ以上ないというほど色彩豊か!ページをめくるたびに驚きと発見があります。まるで世界旅行をしている気分になりますよ。日本国内の美しい図書館や教会も紹介されていますので、気になるものを見つけたら実際に足を運んでみてはいかがでしょう。

 

 

どの本もおすすめですが、特に見ごたえのある3冊をご紹介します。

 

 

1.『世界の美しい図書館』
表紙を飾るのはオーストリアのザンクト・フロリアン修道院図書館。天井のフレスコ画とロココ調の装飾にうっとり・・。しかも書架に隠し扉があり、奥の螺旋階段で上の階に行くというからわくわくしますね。日本からも10館が紹介されています。

 

2.『世界の美しいボタン』
女の子がなぜか心惹かれてしまうもの、それはボタン。実用性を超え、ただひたすらに美しいボタンたちに息をのみます。ボタン博物館の紹介や、ボタンコレクションを始めるにあたり推薦したい手芸材料専門店リストも収録。

 

3.『世界の美しい橋』
竜をモチーフにして、週末になると火を吹く橋。ゴムの木の根っこで造った橋。床面がガラスの橋。世界中にはこんなにたくさんの種類の橋があるのかと驚かされます。

 

 

他全12冊、すべて貸出可能です。

ぜひカウンター脇の特集コーナーをご覧ください。

2019年12月2日
Top