ニュース

NEWS 図書館からのお知らせ相模原


『何香凝 芸術名作展』

 

2017年9月19日から女子美アートミュージアムで開催される『何香凝 芸術名作展』の展覧会カタログ(非売品)が図書館で閲覧可能になりました。

※展覧会開催期間中は図書館内での閲覧のみのご利用とさせていただきます。

 

相模原図書館1F展覧会カタログコーナーにございますので、展覧会と併せてぜひご利用ください。

 

何香凝 芸術名作展

会 場 女子美アートミュージアム

会 期 2017年9月19日(火)~9月29日(金)

休 館 会期中無休

時 間 10:00−17:00(入館は16:30まで)

入館料 無料

 

関連イベント

●何香凝芸術名品展 講演会 
「写実と写意:画家何香凝の画風の変化について」

【日時】2017年9月20日(水) 16:00〜17:20
【会場】相模原キャンパス 10号館1011スタジオ 
【講師】蔡涛(Tao CAI、ツァイ・タオ)

※無料・予約不要

 

何香凝芸術名作展 特設サイト
2017年9月19日

EXHIBITION 展示相模原


「ようこそ妖怪 ――妖怪の世界へこんにちは――」

展示期間:2017年9月11日~10月21日

展示場所:相模原図書館1F

 

  

 

   

 

 

普段は目にすることの出来ない貴重書、「妖怪ちりめん本」も公開しています。

いにしえから現代にいたるまで、私たちの心に息づく魑魅魍魎たち。恐ろしくも愉快な妖怪たちの世界、この機会にぜひご堪能ください。

2017年9月14日

EXHIBITION 展示相模原


大型本展示シリーズ第2弾 「しかけ絵本」展示開催中!

展示期間:9月13日~10月21日

展示場所:相模原図書館1F

 

 

 

 

皆さんお馴染みのエリック・カール、ピーターラビットのしかけ絵本ほか、360度愉しめるメリーゴーランド型しかけ絵本、エッシャーの作品をポップアップに再現したアーティスティックなものまで、個性的なしかけ絵本をご紹介しています。

ページをめくらずにはいられないしかけの数々、ぜひこの機会に図書館へ足をお運びください。

2017年9月14日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


9/14 新着図書

【書評に取り上げられた本】

 

『「いる」じゃん』

〈読売新聞(2017/8/7)〉

詩人のくどうなおこさんの文章と、漫画家松本大洋さんが絵を担当された絵本。静かで力強い文章を読み終えるとそっと勇気が湧いてきます。松本大洋さんの鉛筆画も詩的で素敵です。

 

『いえすみねずみ』

〈産経新聞(2017/9/3)〉

イギリスの人気絵本作家ジョン・バーニンガムさんの絵本。4人家族の家に住むねずみとその家族の子どもたちとの温かな物語。訳は詩人の谷川俊太郎さんです。

 

書評(新聞)は関連リンクからご覧いただけます。

 

 

【女子美OGの本】

 

『ぱかっ (はじめてえほん:14)』

女子美OG森あさ子さんの絵本。ぱかっと開けるとそこにあるのは・・・!ポップな色使いも魅力的です。

 

 

【図書館員の注目本】

 

『ピカドン』

ある原爆被災者の記録です。壮絶な一人の人間の人生です。皆さんに見ていただきたい一冊です。

 

『北欧雑貨図鑑フィンランド100』

どこか温かみのあるフィンランド生まれのデザイン。そこには豊かな暮らしのヒントが詰まっています。

 

『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』

「美大に進学して、絵を描いて食べていく人になる。」ことを夢見た西原さん。波乱万丈の人生を送ってきた著者からの女の子たちへのエール!

 

その他全92冊

 

詳細検索で「新着〇日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

 

2号館1階ロビーのガラスケース内で展示中の新着図書も貸出可能です。

気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

 

 

 

 

2017年9月14日

TEACHERS' SELECTION 先生の本棚から


摘読録――My favorite words 第12回

女子美術大学 名誉教授 北澤憲昭

 

運命は従ふものを潮にのせ 拒むものを曳いて行く。

――ラブレー/山田珠樹訳  

 

シャルル・ヴィルドラックが、戯曲「商船テナシティー」でエピグラフとして引いた言葉である。この戯曲が1934年にジュリアン・デュヴィヴィエによって映画化され、日本で公開されたとき、そのポスターに、この言葉が惹句として引用され、その後、日本社会で広く知られるようになった。☆ 原書では“Les destinées meuvent celui qui consent, tirent celui qui refuse.”としるされているこのエピグラフには、たんにラブレーからの引用であることが示されるのみで、日本語訳(創元社文庫版)にも出典は明記されていない。そこで、出典をつきとめるべく、ラブレーといえば『ガルガンチュワとパンタグリュエル』であろうと当たりをつけて、渡辺一夫の訳による岩波文庫版の頁を繰ってゆくと、第5の書第38章の末尾に次の言葉がしるされていた。“DVCVNT ・ VOLENTEM ・ FATA ・ NOLENTEM ・ TRAHVNT”。これは、パンタグリュエルたちが訪れた「徳利明神」の寺院の扉に刻まれていた「古代ラテン語」の碑文で、渡辺は、これに「宿命ハ諾[ウベナ]ウ者ヲ動カシ、拒ム者ヲ牽ク」という日本語を当てている。☆ ようするに、如何にしても運命には逆らえないということであり、別段どうということもない格言にすぎない。仏語訳も同様である。しかし、山田珠樹の日本語訳は、たんなる格言に終始してはいない。「潮にのせ」という意訳には倍音が響いている。ここにはニーチェのいう「運命愛」の音色が感じられるのである。「運命愛」は、ニーチェの思想の要ともいうべきもので、生成流転する現実世界を――それが、どれほど悲惨なものであったとしても――あるがままに肯定し、自分自身の運命として積極的に受け容れる構えのことだ。☆ 「潮」とは、ヴィルドラックの戯曲に即していえば、失恋と裏切りによる傷心をかかえてフランスからカナダへと大洋を渡る移民労働者の若者の姿を暗示する表現であるのだけれど、「潮にのせ」という文節には譬喩にとどまらない感覚がある。すなわち、陽光のなかに高々と差し上げられるような晴朗な昂揚感がみなぎっている。こうした昂揚感は、「従ふ」という語を、忍耐とか不屈の類義にとどまらせることなく、ポジティヴな意志の力によって満たしてもいる。☆ 戯曲自体はニーチェとは無縁のセンチメンタルな物語であるものの、山田珠樹がスタンダールの研究にいそしんだひとであったことを思うならば、スタンダールを重視したニーチェの影をここに見出すのも、あながち牽強付会とはいえないだろう。

 

2017年9月11日

NEW BOOKS 新着情報相模原


9/11 新着図書

 

【図書館員の注目本】

 

『パッケージデザインの教科書』
商品を売るためにパッケージをどのように作り、デザインし、世に送り出すのか。
あの商品のデザインには、こんなプロセスがありました。
「パッケージで売る」ために役立つ知識が満載です。

 

『ときめく御仏図鑑』
かつてないビジュアルでの仏像本。
現代的な御仏ワールドを是非ご覧ください。

 

『にっぽんスズメ散歩』
人の暮らす場所であれば日本全国ほぼどこでも目にすることができるスズメ。
キュートでユーモラスな表情のスズメたちを愛情たっぷりにご紹介。
愛らしさにほっこりできる写真集です。

 

『LINEスタンプはじめる&売れる LINE Creators Market ガイドブック』
この1冊で作り方から売り方まで全部わかる!
だれでもLINEスタンプや着せかえを作って販売できる「LINE Creators Market」の解説書です。

 

『美篶堂とはじめる本の修理と仕立て直し』
たいせつな思い入れのある絵本が破れてしまったり、ページが傷んでしまったときに。
この「修理術&リメイク術」で、自分の手で本を甦らせることができます。

 

他全101冊

 

2017年9月11日

NEWS 図書館からのお知らせ共 通


聞蔵Ⅱシリーズ・システムメンテナンスのお知らせ(9月10日、人物DBと歴史写真が停止)

【朝日新聞社から】

聞蔵Ⅱシリーズをご利用のみなさま

 以下の日程で「聞蔵Ⅱシリーズ」のシステムメンテナンスを予定しております。
 メンテナンス中は下記のサービスが停止いたします。

【メンテナンス実施日】
■2017年9月10日(日)7:00~19:30 ※約12時間半、聞蔵Ⅱシリーズの下記コンテンツを停止します。
  ・人物データベース
  ・歴史写真アーカイブ
  ※これ以外のサービスはご利用可能です。

長時間ご不便をおかけして誠に申し訳ありませんが、ご理解いただければ幸いです。

2017年9月8日

NEWS 図書館からのお知らせ杉 並


特集コーナー「しかけ絵本」

杉並図書館はしかけ絵本を多数所蔵しています。今回の特集コーナーではその中でも選りすぐりの図書を選んで皆さんにご紹介いたします。開けてビックリ!しかけ絵本の世界を堪能してください!目にも楽しい読書の秋をどうぞ!詳細は7・8、9・10番書架横の特集コーナーをご覧下さい。貸出可能です。

 

 

『しろいおと 』

『あかまるちゃん 』

『ごきげんなきいろいはこ : はんたいことばのしかけえほん』

『イソップものがたり 』

『動物の家づくり』

『ナイト・ビフォー・クリスマス』

 

その他全14冊

 

 

2017年9月8日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


9/7 新着図書

【図書館員の注目本】

 

『ブリューゲルの世界』

「あっと驚く構図に超精密技法で、16世紀フランドルの人々の営みを写し取った画家ピーテル・ブリューゲル」その全作品を紹介!

 

『辛くならない絵の描き方』

描くのがたのしくなる90の方法をご紹介!具体的、技術的な内容で問題を解決していきます。

 

『あやしい美人画』

江戸時代から現代の漫画まであらゆる「あやしい美人画」を紹介。魅力的な絵にはやはり何かがある!?

 

『深海散歩』

深海に棲む「へんてこ生きもの」たち。「へんてこ」な生態を解りやすく解説してくれています。思わず見入ってしまう世界です。

 

『Wa』

「250の収録作品を通して、日本のデザインに宿る美しさとその本質、その根底に流れる影響源を探求することがでます」!!

 

『昭和レトロ自販機マニアックス』

瓶コーラからはたまたうどんそば自販機まで昭和レトロな雰囲気漂う自動販売機が満載。皆さんの目には新鮮に映るかも!?

 

その他全152冊

 

詳細検索で「新着〇日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

 

2号館1階ロビーのガラスケース内で展示中の新着図書も貸出可能です。

気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

 

2017年9月7日
Top