ニュース

NEWS 図書館からのお知らせ杉 並


杉並図書館員推薦図書コーナー 7月

杉並図書館員推薦図書コーナーを入れ替えました。

展示されている本は貸出可能です。詳細はカウンターに向かって左脇の

杉並図書館員推薦図書コーナーをご覧下さい。

全6冊です。

 

〈女子美OG    なかやみわさんの著作〉 

『やさいのがっこう : ピーマンくんゆめをみる』

 

『メディア工作ワークブック』

『まるごと本棚の本』

『世界の果てのありえない場所 : 本当に行ける幻想エリアマップ』

『下田直子の手芸術 : 手芸がどんどん楽しくなる54のお話とつくり方のコツ』

『かわいい浮世絵』

2018年7月13日

NEWS 図書館からのお知らせ相模原


「ジブリ特集」

 

 

大人から子どもまで、幅広い世代を魅了するジブリ作品。

 

 

今回相模原図書館では、ジブリ特集を開始しました!

 

 

子どものころに観た時と大人になってから観た今とでは

感じ方が変わって、別の楽しみ方ができるかもしれませんよ。

是非ご覧ください!

 

2018年7月13日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


7/13 新着図書

【書評で紹介された本】

 

 

『さとやまさん』 〈毎日新聞 2018/07/04 〉

 

森と町の間にある里山の、四季折々の風景とそこに育まれる命の営みが丁寧にすくいとられた写真絵本です。親しみをこめて「さとやまさん」と呼びかける詩人の言葉に、里山への愛があふれています。

 

 

『日本のポスター』  〈産経新聞 2018/04/04 〉

 

「18時のビール・15時のおやつ」「装いの美学」といった、日常生活をテーマにした章立てで日本のポスターの歴史を振り返る、文庫サイズのデザイン書。掲載されているのは、京都工芸繊維大学資料館が収蔵する貴重なコレクションです。

 

書評(新聞)は関連リンクからご覧いただけます。

 

 

 

【図書館員の注目本】

 

 

『「折り」の設計 : ファッション、建築、デザインのためのプリーツテクニック』

 

丸めたり、アコーディオン状にしたり、ねじったり、交差させたり、グリッドにしたり……折り方ひとつで紙や布にゆたかな表情をつけるテクニックが満載の一冊です。多様なデザインに応用できそうな美しいプリーツのアイデアが見つかります。

 

 

『大統領を動かした女性ルース・ギンズバーグ : 男女差別とたたかう最高裁判事』

 

1970年代に女性の権利拡大に大きく貢献した弁護士ルース・ギンズバーグ女史の人生を事件に見立てて描いた絵本。インクのにじみやノートのコラージュを生かした表現に感情を揺さぶられます。『The New York Times』誌が選ぶ2017年のベスト絵本にも選出されました。

 

 

『セーラー服と女学生 : 100年ずっと愛された、その秘密 』

 

イギリス海軍の水兵服にはじまるセーラー服は、いつしか人気のファッションに。本書にはそんなセーラー服が女学生の制服として定着した歴史や、さまざまな画家による叙情画コレクション等を掲載。カバーや章扉を彩る中村佑介さんのイラストもチャーミングです。

 

その他全30冊

 

詳細検索で「新着〇日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

 

2号館1階ロビーのガラスケース内で展示中の新着図書も貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

2018年7月13日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


7/6 新着図書

【女子美客員教授の本】 (萩尾望都先生の著書)

 

 

『私の少女マンガ講義』

 

『ポーの一族』や『残酷な神が支配する』ほか、時代を先取りするマンガ表現で長年にわたりファンを魅了し続けている萩尾望都先生。本書には、萩尾先生がイタリアのボローニャ大学で語られた少女マンガの歴史や創作の秘密、自作マンガ観などの貴重な講義録が収録されています。

 

 

 

【女子美OGの本】   (小松美羽さんの著書 / クボトモコさんの共著)

 

 

 

『世界のなかで自分の役割を見つけること : 最高のアートを描くための仕事の流儀』

 

寺社の狛犬や聖域を守る神獣をテーマにした作品が、出雲大社や大英博物館日本館に収蔵される新進気鋭のアーティスト 小松美羽さん。小松さんの原点やこれまでの歩み、未来へ向けたアート観・人生観が語られた本書は、これからアーティストをめざす皆さんに、ぜひおすすめしたい一冊です。

 

 

 

『いちばんやさしい鳥刺しゅう』

 

眺めるだけでもそのかわいらしさに癒される、鳥の刺繍66点を収録した図案集です。シンプルに1色で、または多色づかいでカラフルに。スケッチするような感覚で、ハンカチやシャツの襟もと、布バッグなどにワンポイント刺繍をしてみませんか? 

 

 

 

【図書館員の注目本】

 

 

 

『ヴァージニア・リー・バートンの世界 : 『ちいさいおうち』『せいめいのれきし』の作者』

 

『ちいさなおうち』や『せいめいのれきし』など、今なお子どもたちを引き付けるヴァージニア・リー・バートンの物語世界とその創作の秘密に迫るビジュアルブック。恐竜学者 真鍋真さんと生物学者 福岡伸一さんの対談のほか、貴重な初公開資料も紹介されています。

 

 

 

『行ってみたい世界の灯台』

 

デザインやたたずまい、立地のシチュエーションも実にさまざまな世界の灯台66基を紹介した写真集です。海の中にそびえるもの、半島に立つもの、オーロラや星空が似合うもの…。アメリカ最古の灯台などの珍しい灯台も登場します。眺めていると、灯台をめざして世界中をめぐりたくなります。

 

 

 

その他全30冊

 

詳細検索で「新着〇日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

 

2号館1階ロビーのガラスケース内で展示中の新着図書も貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

2018年7月6日

NEWS 図書館からのお知らせ杉 並


雑誌バックナンバーの配布

図書館南側玄関付近にて雑誌のバックナンバーを配布します。

今回配布するものは2014年発行分です。

校内に掲示しているポスターも併せてご覧ください。

 

配布期間:7月3日(火)~7月6日(金) 和雑誌

               7月10日(火)~7月13日(金) 洋雑誌

                 

2018年7月3日

NEWS 図書館からのお知らせ杉 並


特集コーナー『夏を楽しむ』

7月になりました。梅雨の季節もおわり、夏休みももうすぐです。今月は、夏に関する図書を集めてみました。

詳細は9・10番書架横の特集コーナーをご覧ください。

 

『安田多賀子のゆかた塾』

ゆかた初心者さんも安心。着付けの仕方が写真付きで解説されています。

 

『冷たいお菓子のレシピ』

夏に食べたい、ひんやりスィーツが楽しめる1冊。

 

『Blue in blue:海の祝祭日』

世界の美しい海の写真集。

 

その他全12冊。

 

2018年7月2日

NEW BOOKS 新着情報杉 並


6/30 新着図書

【女子美OGの本】(なかやみわさんの絵本)

 

 

『やさいのがっこう : とうもろこしちゃんのながいかみ』

 

「そらまめくん」シリーズが人気の、なかやみわさんの新作です。野菜の子どもたちが、多種多様な外見や性格を受け入れ、おいしくなるために皆で協力してがんばる様子は、人間社会の理想の姿。著者の暖かい想いが伝わってきます。

 

 

 

【書評で紹介された本】〈朝日新聞 2018/03/25      毎日新聞 2018/05/06 〉

 

 

『ケルトの想像力 : 歴史・神話・芸術』

 

現代カルチャーにも影響が見られるケルト文化を「歴史・神話・芸術」の3点を軸に詳解した話題の書。妖精やドルイドが活躍する神話や伝説、ケルズの書に見られる装飾美術、神秘的な遺跡など、ケルト文明は現代人を魅了するロマンにあふれています。

 

書評(新聞)は関連リンクからご覧いただけます。

 

 

 

【図書館員の注目本】

 

 

『奇岩の世界』

 

長い時間をかけて形成された、異様な存在感を放つ奇岩の数々を世界中から集めた写真集。巨大な仏像のようなキノコ岩や、翼が生えたような岩の姿には、ただただ驚嘆。人為の及ばない地球のダイナミズムからインスピレーションを得たい人におすすめです。

 

 

『和と出会う本 : 現代を生きる芸能・工芸・建築・祈り』

 

現代的な美意識を育みながらも、昔からの伝統や営みを大切にしてきた和の文化を、音楽や工芸、建築、味覚まで幅広い分野にわたり紹介した一冊。杉本博司さん、東儀秀樹さん、野村萬斎さんなどへの取材のほか、エッセイ、写真等を織り交ぜて、新たな視点で日本文化を案内しています。

 

 

『ビジュアルデザイン発注時に知っておきたい!著作権のキホン : トラブルを未然に防ぐ対策Q&A』

 

クリエイティブな活動を続けるうえで、ビジュアル使用の可否は頭に入れておかねばならない必須知識。トラブルを避けるための傾向と対策を、知的財産権に詳しい弁護士がポイントを押さえて解説しています。

 

 

その他全45冊

 

詳細検索で「新着〇日以内」と入力すれば一覧がご覧いただけます。

http://lib.joshibi.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp&nqid=1

 

2号館1階ロビーのガラスケース内で展示中の新着図書も貸出可能です。
気になる本がありましたら、カウンターまでお越しください。

2018年6月30日

NEW BOOKS 新着情報相模原


6/29 新着図書

【図書館員の注目本】

 

 

『好きをカタチに 個性が光るイラストレーターズファイル』

 

今が旬のイラストレーターを、一挙100名掲載。
あえてイラストそのものではなく、クライアントのための制作物から紹介しているのが特徴です。広告、挿画、装丁、パッケージ、グッズ・・・様々な場面で展開される独自の世界観をご堪能ください。

 

 

 

『文豪たちの友情』

 

近年は漫画やゲームなどでも触れることの多くなった文豪。そんな全13組のややこしくも美しい友情を通して、彼らの人生や作品に迫ります。眉目秀麗な扉イラストや、豊富な参考文献ガイドも必見。
この夏は美術館だけでなく、文学館も訪れてはいかがでしょう?

 

 

 

『創作者のためのファンタジー世界事典』

 

世界中に点在する神話や伝承を、「神々と英雄」「天使と悪魔」「幻獣・精霊・妖精」「魔術・呪術・錬金術」「武器と魔道具」「異世界」の6テーマに分け、図版も含めフルカラーで解説。ファンタジーのモチーフに必要不可欠な有名どころも、つぶさに知ることができます。

 

 

 

『押して描く!消しゴムはんこ』

 

簡単ながらも奥深い消しゴムはんこ。色を変えて重ね押しをすれば、表現力豊かで豪華な一枚絵にも!
四季折々のモチーフも図案が収録されているため、これから暑中見舞いや残暑見舞いでも活用できます。

 

 

 

『手づくりする木のスツール New Edition』

 

第一線で活躍する木工家38名が、自ら制作した木のスツール(腰掛け)を、約150点ご紹介。
木工初心者にもできるよう、作り方を丁寧に解説した「つくってみませんか」のページもあるので、実際にチャレンジできます。長期休暇に是非。

 

 

 

全61冊

2018年6月29日

TEACHERS' SELECTION 先生の本棚から


摘読録――My favorite words 第15回

女子美術大学 名誉教授 北澤憲昭

 

いまは、おまえが持っていないもののことなんか考えてるときじゃない。ここにあるもので出来ることを考えろ。
――アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』(1952)

 

※ 『老人と海』の一節だ。悪戦苦闘の果てに釣り上げた巨大なマカジキを、老人は舷側にくくりつけ、港へと引き返す。しかし、しばらく行ったところで、獲物の血を嗅ぎつけた鮫が襲いかかってくる。老人はナイフで必死に応戦し、ようやく一匹を仕留めるが、次の鮫が攻撃してくるのは目にみえていた。ナイフの血をぬぐったあと、彼は、砥石を持ってくればよかったと思う。そして、次のように自分に言い聞かせる。“Now is no time to think of what you do not have. Think of what you can do with that there is. ”☆ いうまでもないことながら、ひとは、与えられた条件のもとでしか行動できない。条件は常に有限である。しかし、その活用法は限界をもたない。すべては知恵しだいだ。嘆いている暇はない。きっと、なんとかなる。きっと、なんとかしてみせる。☆ 締め切りを前に、たじろぐ自分に言い聞かせる、とっておきの言葉だ。

 

2018年6月27日

NEW BOOKS 新着情報相模原


6/22 新着図書

【図書館員の注目本】

 

 

『モーションを描くための美術解剖学』

 

芸術と解剖学の橋渡しとなる一冊。
関節、筋肉の繊細な動きや、骨格、皮膚の下のくぼみや隆起まで、人体構造をすみずみまで理解し、生き生きとした人物描写へと活かせる知識が身につきます。

 

 

 

『リバティプリントデザイン図鑑 世界でもっとも美しいテキスタイル』

 

リバティプリントとは、ロンドンにある老舗リバティ百貨店のプリント生地のこと。その膨大な「柄名」と「デザインの由来」を編纂。
豪奢ながらも静謐な、歴史あるテキスタイルの一大叙事詩が味わえます。

 

 

 

『キモかわいい。いきもの図鑑』

 

有名どころでいえば、シチメンチョウ、ハダカデバネズミなど、多種多様な生き物の中でも、ひときわ個性的な面々をピックアップ。面々も個性的なら、紹介文もコミカルな個性派。不思議な世界を、ちょっと覗いてみませんか?

 

 

 

『フランク・ロイド・ライト 最新建築ガイド』

 

旧帝国ホテルの設計者で知られる建築家、フランク・ロイド・ライト。彼の生誕150周年に発行された最新ガイドは、移築や改修などで近年新規公開された建物も多数収録。時を経て尚、進化を遂げる巨匠を感じられます。

 

 

 

『世界のモンスター・幻獣を描く』

 

東洋のドラゴン、イエティ、チュパカブラなど、30名の海外アーティストが様々なモンスターをデザイン。ただ怪物然としているだけではない、実在の動物を下地にしたリアリティが肉付けされ、魅力溢れるデザインとなっていくプロセスを辿れます。

 

 

 

 

他全53冊

2018年6月22日
Top