図書館からのお知らせ

NEWS 図書館からのお知らせ相模原


1階入口横のミニ展示コーナー【祝 新元号『令和』】

 

2019年4月1日、

平成に変わる新元号『令和』が発表されました。

 

 

 

出典は、現存する日本最古の歌集「万葉集」より、

大伴旅人の開宴の辞「梅花の歌三十二首の序文」の

 

 

~初春の令月にして、気淑く風和らぐ~

から『令和』という言葉が選ばれました。

 

 

今回、元号が日本の書物から選ばれたのは初めてとのこと。

 

 

図書館では新元号特集として

典拠として採用された「万葉集」を中心に

元号に関する本を展示しています。

 

 

誰もが一度は聞いたことがあるけれど

なかなか手に取ることが少ない古典。

 

 

時代を経てもなお、日本人の心に残る和歌を通して

新しい元号を迎えてみてはいかがでしょうか。

 

2019年4月8日

NEWS 図書館からのお知らせ杉 並


特集コーナー「ムーミンとフィンランド」

 

4月の杉並図書館・特集コーナーのテーマは、「ムーミンとフィンランド」。

先月オープンした話題のテーマパークや今月から始まる

都内の美術館の企画展示でも取り上げられている人気の北欧のキャラクター

ムーミンとムーミンをうみだしたフィンランドに関する資料を紹介します。

ムーミンやフィンランド好きな方もそうでない方もこの機会に受付カウンター右横の特集コーナーをご覧下さい。

 

展示はムーミンと作者のトーベ・ヤンソンに関する資料14点、フィンランドに関する資料が7点の全21点です。

その中からいくつか紹介します。

 

『ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソン』

 

 

2014年の生誕100年にあたる企画展の一環事業として出版され、

主にトーベの画業に焦点をあて、創作の変遷を生涯にわたり網羅しています。

ムーミン作品誕生の背景をとことん理解したい方におススメです。

 

 

『ムーミンのふたつの顔』       

                                                            

日本では読み物やアニメから「ムーミン」を知った人が大半だと思います。

しかし欧米、特にイギリスにおいては日本の事情とは異なり、

新聞に連載された漫画からムーミン人気は広まったそうです。

こうした経緯など今までのイメージとは違うムーミンの別の顔を知りたい人は

読んでみてください。

 

『フィンランド語は猫の言葉』

 

 

フィンランド留学記です。

タイトルの由来は本書の文中の「ニーン、ニーンとはフィンランド語で

相槌を打つときに使う言葉だが話をしているときに相手がただ

『ニーン、ニーン、ニーン、ニーン』と言うと私はなんだか猫と

話しているような気がしてくる(239ページ)」からきているようです。

語学留学記のため語学の話題が多めですが、

フィンランドに興味をもつ方なら楽しめる内容だと思います。

 

以上、他、全21冊全て貸出可能です。

 

 

 

 

2019年4月6日

NEWS 図書館からのお知らせ杉 並


「女子美術大学所蔵 洋書展示 第1弾・春のファッションコレクション」

『女子美術大学所蔵 洋書展示 第1弾・春のファッションコレクション』

展示期間:2019年3月13日~5月10日

展示場所:杉並図書館 学生展示ギャラリーコーナー

 

 

3月も半ばに入り、だんだんと暖かくなってきました。

厚ぼったいダウンコートを脱いだら、春らしい装いでお出かけしたくなりませんか!?

 

そこで、今回杉並図書館では、女子美が所蔵する洋書コレクションの中から、ファッションブランドの本を紹介します!

 

 

春をイメージに集めたハイブランドの洋書たちは、質感、希少性もさることながら、ランウェイから抜け出してきたかのように見えるドレスや、スタイリッシュな装丁も注目です。

 

 

春色にそまったファッションの数々、スプリングコレクションin杉並の開幕です!

是非この機会に図書館にお越しくださいませ♪

2019年3月13日

NEWS 図書館からのお知らせ杉 並


特集コーナー「自然散策」

3月の杉並図書館・特集コーナーでは、「自然散策」をテーマにした本をご紹介しています!

 

すこしづつ春を感じる日が多くなってきました。
今回は眺めているだけでおさんぽにでかけたくなる書籍をを集めてみました!
春の陽気のなか、自然散策にでかけてみませんか??

 

『雑草キャラクター図鑑』

よくみかける身近な雑草をキャラクター化した本です。
散歩中の雑草を見る目が変わります!

 

『桜』

2011年の桜だけを撮りおろした、蜷川 実花 さんの写真集。
全ページ、ピンクの桜の写真は感動の美しさです。

 

他、全12冊

 

受付カウンター右横の特集コーナーをご覧下さい。すべて貸出可能です。

 

2019年3月6日

NEWS 図書館からのお知らせ共通


「追悼 堀文子先生」

【追悼展示】 堀文子先生

 

 

■展示場所

・杉並図書館・・・カウンター横特集コーナー

・相模原図書館・・・カウンター前特集コーナー

 

 

本校の卒業生であり日本画家の堀文子先生が

2019年2月5日、心不全で亡くなりました。

 

 

女子美術専門学校(現・女子美術大)で日本画を学び

季節と共に移り変わる草花や風景を通して

生命の美しさを独自の色彩やタッチで描き

「山と池」で1952年に植村松園賞を受賞。

 

 

 

 

近年も全国各地で個展が開催されるなど

その作風は多くの人を魅了してきました。

 

 

また「一所不在」という自らの考えを貫き、

団体展から距離を置き、晩年も海外を巡りながら

新しいテーマに挑戦し続けていました。

 

 

この度は堀文子先生を偲び、

図書館で所蔵してある本を展示しています。

 

 

 

 

画風を変え、居を変え、しがらみに捕われず

常に自身の心に真摯に向き合い続けた

堀先生の作品をどうぞご覧ください。

 

 

図書館員一同、心よりご冥福をお祈りいたします。

 

2019年2月12日

NEWS 図書館からのお知らせ


RECOMMENDATION オススメ本の紹介

先生方と図書館スタッフ計5名の推薦図書を掲載しました。

 

 

勝村久司先生 推薦 『イメージの翼 : 細谷巌アートディレクション』(細谷厳 著)

 

橋本弘安先生 推薦 『繪具染料商工史』(大阪繪具染料同業組合 著)

 

杉並図書館スタッフA.Nさん 推薦 『幻獣標本博物記』(江本創 著)

 

藤原えりみ先生 推薦 映画『メトロポリス』(フリッツ・ラング 監督)

 

小林信恵先生 推薦 『陰陽師シリーズ』(夢枕獏 著)

 

 

ぜひご覧ください。

 

 

「RECOMMENDATION オススメ本の紹介」

 

2019年2月7日
Top