オンラインコンテンツ

電子ジャーナル (学内のPCから利用可能です)

eb

1969年に創刊された世界で最初の環境心理学ジャーナル。論文中心で、環境が個人・集団・組織に及ぼす影響を分析し、心理学サイドからアプローチしたものが主である。米国を中心とした環境心理学分野の学会EDRD(Environment Design Research Association)のメンバーを中心とした研究者が投稿しているため、主に米国での研究の動向が伺われる。英語。

 


エルゼビア社が提供するフルテキストデータベース「Science Direct」のうち下記の3タイトルを契約しています。

 

vision_research

1961年に創刊された雑誌で、視覚科学の最新の知見に基づいて、実験や観察研究、レビューや理論的な論文を公開している。

vns

1985年に創刊された、ケンブリッジ大学が出版する視覚のメカニズムに関する実験的・理論的研究雑誌で、視覚系に関連する多様で独創性な研究を広範囲に集めている。

perception

1972年に創刊された、人、動物、機械の領域にわたっての実験結果と理論的なアイデアを報告する学術雑誌で、知覚心理学のみならず生理学的メカニズムや臨床神経学的障害に関する研究も含んでいる。

 

オンラインデータベース

国立情報学研究所が提供するデータベース

データベース名 目的 利用範囲
日本の論文を探す 学内
日本の大学図書館等の所蔵する図書・雑誌を検索する 学内
本・雑誌を探す web
分野別専門情報を探す web
研究成果・課題を探す web
教育・研究成果を探す web
データベース名 利用範囲
目的
CiNii Articles 学内
日本の論文を探す
CiNii Books 学内
日本の大学図書館等の所蔵する図書・雑誌を検索する
Webcat Plus web
本・雑誌を探す
Nii DBR 学術研究データベース・リポジトリ web
分野別専門情報を探す
KAKEN 科学研究費助成事業データベース web
研究成果・課題を探す
JAIRO 学術機関リポジトリポータル web
教育・研究成果を探す

 

本学が契約しているデータベース

データベース名 目的 利用範囲

朝日新聞社の「聞蔵 II(きくぞうツー)ビジュアル」は、過去の出来事を手軽に調べることができるオンライン記事データベース。1879年(明治12年)の創刊号から今日まで 135年を超える紙面から約1500万件の記事・広告が検索できる日本国内最大級の新聞記事データベース。下記のコンテンツを一括して利用できる。

  • 朝日新聞1985〜、週刊朝日・AERA全文記事データベース
  • 朝日新聞縮刷版 昭和戦後紙面データベース(1945〜1989) 平成(~11年)
    紙面データベース(1989〜1999)
  • 現代用語事典 知恵蔵(ちえぞう)
  • 朝日新聞縮刷版 
    昭和戦前紙面データベース(1926〜1945)
  • 朝日新聞縮刷版 
    明治・大正紙面データベース(1879〜1926)
  • 人物データベース
  • 歴史写真アーカイブ
  • アサヒグラフ(1923〜1956)
  • 英文ニュースデータベース
学内

芸術・建築・デザインなどに関する文献情報、抄録、全文など、下記の4 つのコンテンツを一括して利用できる。

  • Art bibliographies Morden(ABM)
  • International Bibliography of Art(IBA)
  • Design and Applied Arts Index(DAAI)
  • Arts and Humanities Full Text
学内
19~20世紀以降の近現代美術の情報源として代表的なデータベース。単行本雑誌記事・展覧会図録・論文ほかを収録。記事内容の要約(抄録)を含み、収録範囲は1974年からで、年6回更新。通称:ABM 学内

膨大な西洋美術学術誌を網羅した IBA は、この分野で最も信頼されている”Bibliography of the History of Art” (BHA) の継承後誌に該当するウェブ版データベースで、BHA の編集方針を踏襲している。このデータベースには、Getty Research Institute により 2008 ~ 09 年に作成されたレコード、ならびに同じシソーラスと典拠ファイルを使用して ProQuest により新たに作成されたレコードが含まれる。

Getty Research Institute により、2008 ~ 2009年に作成された当初のデータセットは、2009年までの研究に加え、それ以前に出版された資料を遡って収録されている。場合によってProQuest の新しい索引でも未収録期間が生じないよう過去に遡って収録を行っている。2007 年以前のレコードがヒットするのもそのため。

収録出版物には 500 種類もの主要ジャーナルが含まれ、他の索引に収録されていない専門的または希少な資料に重点が置かれている。またモノグラフ、エッセイ集、会議録、展示会カタログに関する詳細な情報も提供されている。このデータベースでは、各国の国立美術図書館や索引作成者により提供された項目の60% 以上を英語以外の言語 ( 主にドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語) で提供することを目指している。

学内

Cambridge Scientific Abstracts(CSA) によって提供される、デザイン、建築、工芸等の分野の記事索引データベース。デザイン・応用美術に関する世界各国の雑誌記事情報をカバー。

1973 年以降に発行された世界各国の 500 誌以上のデザイン・工芸等の分野の雑誌記事、新聞記事と会議録、セミナー報告書、図書、映像資料、展覧会カタログなどの情報が13 万件以上収録されている。またEducation Directory( デザイン工芸の学科のある世界の大学、学校機関) 及び、Periodicals Directory( デザイン工芸関係:世界の雑誌) も検索可能。毎月更新。

学内
芸術・人文全般の雑誌・新聞を収録した全文データベース。ABM、DAAI、IBA の索引のリンクから該当する記事の全文にアクセスすることが可能。 学内
Berg Fashion Libraryは、古今東西の服飾文化を網羅する「バーグ版 世界服飾ファッション百科事典」(BERG ENCYCLOPEDIA OF WORLD DRESS AND FASHION)と約60点のファッション研究書eBook版、さらに3600点以上の画像が一体となった大規模オンラインデータベース。2010年秋にOxford University Pressよりリリースされた。 学内
JSTORは、アンドリュー W. メロン基金のプロジェクトの一環として設立されたアメリカの非営利団体のことで、学術ジャーナルで構成された信頼性の高いアーカイヴの作成と維持と広範なアクセスの提供を意図として設立された。収録されるタイトルは、分野別に提供されている。今回本学の図書館で提供するのは、Arts &Sciences Ⅲ Collectionで、これには言語学、文学、音楽、歴史、美術、建築分野に関するタイトルが収録されている。 学内

Art Sourceは、美術・建築分野のSuper Databaseです。

  • Art and Architecture Complete (EBSCO社製)※1
  • Art Full Text (元H.W.Wilson製)
  • Art Abstracts (元H.W.Wilson製)※2
  • Art Index (元H.W.Wilson製)
  • Art Index Retrospective (元H.W.Wilson製)

上記5つのデータベースに収録されたデータを統合したもので世界各国で出版された630誌以上の定期刊行物、並びに220冊以上の書籍の全文情報を収録。約20,000件にのぼる学位論文や、Picture Desk提供の63,000件以上に及ぶ画像資料も同時収録。研究者だけでなく、アーティストやデザイナーなど、芸術分野に携わる全ての人に有益な情報を提供します。

学内

データベース名 利用範囲
目的
聞蔵Ⅱビジュアル Kikuzo Ⅱ Visual  学内

朝日新聞社の「聞蔵 II(きくぞうツー)ビジュアル」は、過去の出来事を手軽に調べることができるオンライン記事データベース。1879年(明治12年)の創刊号から今日まで 135年を超える紙面から約1500万件の記事・広告が検索できる日本国内最大級の新聞記事データベース。下記のコンテンツを一括して利用できる。

  • 朝日新聞1985〜、週刊朝日・AERA全文記事データベース
  • 朝日新聞縮刷版 昭和戦後紙面データベース(1945〜1989) 平成(~11年)
    紙面データベース(1989〜1999)
  • 現代用語事典 知恵蔵(ちえぞう)
  • 朝日新聞縮刷版 
    昭和戦前紙面データベース(1926〜1945)
  • 朝日新聞縮刷版 
    明治・大正紙面データベース(1879〜1926)
  • 人物データベース
  • 歴史写真アーカイブ
  • アサヒグラフ(1923〜1956)
  • 英文ニュースデータベース
Art, Design and Architecture Collection 学内

芸術・建築・デザインなどに関する文献情報、抄録、全文など、下記の4 つのコンテンツを一括して利用できる。

  • Art bibliographies Morden(ABM)
  • International Bibliography of Art(IBA)
  • Design and Applied Arts Index(DAAI)
  • Arts and Humanities Full Text
ART bibliographies Modern(ABM) 学内
19~20世紀以降の近現代美術の情報源として代表的なデータベース。単行本雑誌記事・展覧会図録・論文ほかを収録。記事内容の要約(抄録)を含み、収録範囲は1974年からで、年6回更新。通称:ABM
International Bibliographyof Art (IBA) 学内

膨大な西洋美術学術誌を網羅した IBA は、この分野で最も信頼されている”Bibliography of the History of Art” (BHA) の継承後誌に該当するウェブ版データベースで、BHA の編集方針を踏襲している。このデータベースには、Getty Research Institute により 2008 ~ 09 年に作成されたレコード、ならびに同じシソーラスと典拠ファイルを使用して ProQuest により新たに作成されたレコードが含まれる。

Getty Research Institute により、2008 ~ 2009年に作成された当初のデータセットは、2009年までの研究に加え、それ以前に出版された資料を遡って収録されている。場合によってProQuest の新しい索引でも未収録期間が生じないよう過去に遡って収録を行っている。2007 年以前のレコードがヒットするのもそのため。

収録出版物には 500 種類もの主要ジャーナルが含まれ、他の索引に収録されていない専門的または希少な資料に重点が置かれている。またモノグラフ、エッセイ集、会議録、展示会カタログに関する詳細な情報も提供されている。このデータベースでは、各国の国立美術図書館や索引作成者により提供された項目の60% 以上を英語以外の言語 ( 主にドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語) で提供することを目指している。

Design and Applied Arts Index (DAAI) 学内

Cambridge Scientific Abstracts(CSA) によって提供される、デザイン、建築、工芸等の分野の記事索引データベース。デザイン・応用美術に関する世界各国の雑誌記事情報をカバー。

1973 年以降に発行された世界各国の 500 誌以上のデザイン・工芸等の分野の雑誌記事、新聞記事と会議録、セミナー報告書、図書、映像資料、展覧会カタログなどの情報が13 万件以上収録されている。またEducation Directory( デザイン工芸の学科のある世界の大学、学校機関) 及び、Periodicals Directory( デザイン工芸関係:世界の雑誌) も検索可能。毎月更新。

Arts and Humanities Full Text 学内
芸術・人文全般の雑誌・新聞を収録した全文データベース。ABM、DAAI、IBA の索引のリンクから該当する記事の全文にアクセスすることが可能。
Berg Fashion Library the authority on world dress 学内
Berg Fashion Libraryは、古今東西の服飾文化を網羅する「バーグ版 世界服飾ファッション百科事典」(BERG ENCYCLOPEDIA OF WORLD DRESS AND FASHION)と約60点のファッション研究書eBook版、さらに3600点以上の画像が一体となった大規模オンラインデータベース。2010年秋にOxford University Pressよりリリースされた。
JSTOR Arts & Science III 学内
JSTORは、アンドリュー W. メロン基金のプロジェクトの一環として設立されたアメリカの非営利団体のことで、学術ジャーナルで構成された信頼性の高いアーカイヴの作成と維持と広範なアクセスの提供を意図として設立された。収録されるタイトルは、分野別に提供されている。今回本学の図書館で提供するのは、Arts &Sciences Ⅲ Collectionで、これには言語学、文学、音楽、歴史、美術、建築分野に関するタイトルが収録されている。
Art & Architecture Source 学内

Art Sourceは、美術・建築分野のSuper Databaseです。

  • Art and Architecture Complete (EBSCO社製)※1
  • Art Full Text (元H.W.Wilson製)
  • Art Abstracts (元H.W.Wilson製)※2
  • Art Index (元H.W.Wilson製)
  • Art Index Retrospective (元H.W.Wilson製)

上記5つのデータベースに収録されたデータを統合したもので世界各国で出版された630誌以上の定期刊行物、並びに220冊以上の書籍の全文情報を収録。約20,000件にのぼる学位論文や、Picture Desk提供の63,000件以上に及ぶ画像資料も同時収録。研究者だけでなく、アーティストやデザイナーなど、芸術分野に携わる全ての人に有益な情報を提供します。

※1 Art & Architecture Complete は、美術・建築学分野における世界最大級のデータベース。Art & Architecture Index のフルテキスト版であり、学生、研究者から、現場のデザイナー、芸術家まで、あらゆる分野の美術研究/ 実践の両側面で有用な外国語雑誌データベースである。

芸術・建築学分野の雑誌約800 誌のインデックス/ 抄録情報を収録、うち300 誌以上にのぼる全文情報を併せて収録。これら収録雑誌は、Wilson 社制作のArt Abstracts に収録されているジャーナルをほぼカバーしており、さらにEBSCO 社独自のタイトルも多数含まれている。

【キーワード検索】の他に、収録されている出版物名を用いた【出版物検索】、専門的に編纂されたシソーラス群による【シソーラス検索】、引用文献・被引用文献の検索書名やISSN などの条件を用いた【インデックス検索】など、検索機能が充実しており専門的かつ精度の高い検索が可能となっている。(海外サイト)

※2 全世界で発行されている300 種類以上の定期刊行物に掲載された記事論文等を引用することができる芸術関係の代表的な書誌データベース。対象となるのは、英語やその他の言語で印刷されている定期刊行物、年鑑および美術品の紀要で、記事、論文のほか、引用対象の定期刊行物に所載された美術作品の複製も索引に挙げられている。収録範囲は1984 年9 月からだが、抄録の作成が始まった1994 年以降の約70%のレコードに関して元の美術作品の内容と範囲を説明した詳細な抄録が付いている。

 

その他のデータベース 便利なリンク

データベース名 目的 利用範囲

4世紀から現在に至るまでの西洋美術分野の文献を集めたもので、全地域にわたる美術文献(映画・劇は除く)を収録した書誌。

文献は単行本・雑誌記事・会報・図録・博士論文・年鑑・新聞他(映像資料は含まない)。 記事内容の要約も掲載されている。収録誌の一覧はこちら。

収録範囲は以下の通り。
・ RILA (International Repertory of the Literature of Art) 1975-1989
・ BHA(Bibliography of the History of Art) 1990-2007
※RAA (Repertoire d’Art et d’Archeologie) 1973-1989は未収録。

“International Bibliography of Art”(IBA)というデータベースが継承後誌。
(2008年以降)現在はJ. Paul Getty財団が無償でデータベースを公開中。項目見出し等のインターフェイスは英語だが、コンテンツは収録データによって英語か仏語もしくは英仏併記の場合あり。通称:BHA

web
国立国会図書館の蔵書検索・申込システムで、利用登録がなくても検索機能のみの利用が可能 web
国会図書館が調べ物に有益であるとした、図書館資料、ウェブサイト、データベースなどのリンク集 web
国立国会図書館が収集・保存しているデジタル資料が検索・閲覧できる web
国立西洋美術館が収集した資料を整理したものを外部に公開している(資料室の利用は登録が必要) web
データベース名 利用範囲
目的
Bibliography of the History of Art (BHA) web

4世紀から現在に至るまでの西洋美術分野の文献を集めたもので、全地域にわたる美術文献(映画・劇は除く)を収録した書誌。

文献は単行本・雑誌記事・会報・図録・博士論文・年鑑・新聞他(映像資料は含まない)。 記事内容の要約も掲載されている。収録誌の一覧はこちら。

収録範囲は以下の通り。
・ RILA (International Repertory of the Literature of Art) 1975-1989
・ BHA(Bibliography of the History of Art) 1990-2007
※RAA (Repertoire d’Art et d’Archeologie) 1973-1989は未収録。

“International Bibliography of Art”(IBA)というデータベースが継承後誌。
(2008年以降)現在はJ. Paul Getty財団が無償でデータベースを公開中。項目見出し等のインターフェイスは英語だが、コンテンツは収録データによって英語か仏語もしくは英仏併記の場合あり。通称:BHA

NDL-OPAC web
国立国会図書館の蔵書検索・申込システムで、利用登録がなくても検索機能のみの利用が可能
リサーチナビ web
国会図書館が調べ物に有益であるとした、図書館資料、ウェブサイト、データベースなどのリンク集
国立国会図書館 デジタルコレクション web
国立国会図書館が収集・保存しているデジタル資料が検索・閲覧できる
国立西洋美術館  研究資料センター  学術情報案内 web
国立西洋美術館が収集した資料を整理したものを外部に公開している(資料室の利用は登録が必要)
Top